地質調査研究報告

最新号

最新号

地質調査研究報告 Vol.72 No.4(2021)
地質調査研究報告 Vol.72 No.4 を発行(掲載)しました。(掲載日:2021年10月13日)

[ 内容 ]

    特集号:足尾山地南西部,「桐生及足利」地域の地質と化石
  • 5万分の1地質図幅「桐生及足利」地域の足尾帯の地質(伊藤 剛)
  • 足尾山地のジュラ紀付加体の地質と対比:5万分の1地質図幅「桐生及足利」地域の検討(伊藤 剛)
  • Radiolarians from Jurassic accretionary complex of the Ashio belt in the Kiryu and Ashikaga District (Quadrangle series 1:50,000), central Japan(ITO Tsuyoshi)
  • Conodont fossils from the Kiryu and Ashikaga District (Quadrangle series 1:50,000), central Japan with emphasis on the reexamination of "Carboniferous" conodonts from the Ashio Belt(MUTO Shun and ITO Tsuyoshi)
  • Occurrence report of Triassic and Jurassic radiolarians from the Jurassic accretionary complexes of the Ashio belt in eastern Mt. Narukami, Ashio Mountains, central Japan(ITO Tsuyoshi, NAKAMURA Kazuya, HINOHARA Tatsuya and KURIHARA Toshiyuki)
  • 足尾山地のジュラ紀付加体大間々コンプレックスから産出した放散虫及び有孔虫(伊藤 剛・鈴木紀毅・指田勝男)
  • 足尾山地のジュラ紀付加体大間々コンプレックスに含まれる玄武岩類の地球化学的特徴(伊藤 剛・草野有紀)
  • 栃木県足利市名草に分布する足利岩体の黒雲母花崗閃緑岩及び接触変成岩(伊藤 剛・中村佳博)

早期公開

現在、早期公開中の論文はありません。

早期公開について
「地質調査研究報告」は発行予定の記事を「早期公開版」として順次公開します。早期公開版では巻・号・ページ番号などは確定していません。後日、確定しましたら正式版が公開され、早期公開版は削除されます。なお、早期公開日は引き続き正式版に記載されます。早期公開版を引用する際は、次の例に従って表記してください。
 例)著者名, タイトル, 地質調査研究報告.(印刷中)

編集委員会から

 

地質調査研究報告  バックナンバー

ONLINE ISSN : 2186-490X

2021 72 1 2 3 4 5 6
2020 71 1 2 3 4 5 6
2019 70 1/2 3 4 5 6
2018 69 1 2 3 4 5 6
2017 68 1 2 3 4 5 6
2016 67 1 2 3 4 5 6
2015 66 1/2 3/4 5/6 7/8 9/10 11/12
2014 65 1/2 3/4 5/6 7/8 9/10 11/12
2013 64 1/2 3/4 5/6 7/8 9/10 11/12
2012 63 1/2 3/4 5/6 7/8 9/10 11/12
2011 62 1/2 3/4 5/6 7/8 9/10 11/12
2010 61 1/2 3/4 5/6 7/8 9/10 11/12
2009 60 1/2 3/4 5/6 7/8 9/10 11/12
2008 59 1/2 3/4 5/6 7/8 9/10 11/12
2007 58 1/2 3/4 5/6 7/8 9/10 11/12
2006 57 1/2 3/4 5/6 7/8 9/10 11/12
2005 56 1/2 3/4 5/6 7/8 9/10 11/12
2004 55 1/2 3/4 5/6 7/8 9/10 11/12
2003 54 1/2 3/4 5/6 7/8 9/10 11/12
2002 53 1 2/3 4 5/6 7/8 9/10 11/12
2001 52 4/5 6/7 8 9 10 11/12