地質調査総合センター長挨拶

地質調査総合センター長挨拶

地質調査総合センター長矢野雄策 平成29年4月1日、国立研究開発法人産業技術総合研究所地質調査総合センター長を拝命いたしました。前任の佃栄吉を引き継ぎ、地質の調査に関して我が国を代表するナショナルセンターである地質調査総合センター Geological Survey of Japanのリーダーとしての使命をしっかりと果たしてまいりたいと思いますので、皆さま方のご支援を賜れば幸いです。


 地質調査総合センターは明治15年に設立された地質調査所を発展的に受け継ぐ組織であり、現在の産業技術総合研究所の7つの研究領域の中で最も歴史ある組織です。地質調査総合センターは地質図をはじめとする我が国の基盤的地質情報の整備、資源・環境や防災に関する地質調査とその成果発信をミッションとして我が国の発展に資することを目的としております。また世界各国にある地質調査機関とも様々な形で連携・協力して国際的なあるいはグローバルな研究課題にも取り組んでおります。


 地質調査総合センターは先端的な研究開発を行う産業技術総合研究所の中にあって、地質の先端研究と共に基盤的地質情報を整備するというユニークな業務を実施しておりますが、資源、環境、防災という研究成果の社会貢献目的は人類社会にとって基本的かつたいへん重要なものであると認識しています。いずれの目的も過去から将来にむけて我が国ならびに世界共通の社会課題であり、長期的継続性のある課題です。地質の調査を通じて、質の高い研究成果と地質情報を社会に発信し、これらの課題に応えてゆくことが私ども地質調査総合センターの使命であることを組織全体で強く認識して、調査・研究に取り組んでまいりたいと思います。今後とも皆さま方からのご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。

平成29年4月1日

国立研究開発法人 産業技術総合研究所
地質調査総合センター長   矢野雄策