1. 2020年 3月24日 (火) 発表・掲載   プレスリリース

    日本全国440火山の情報がひとめでわかるウェブ総合システムを開発

    -世界的にも高精度な「20万分の1日本火山図」データベースを公開-
    (活断層・火山研究部門 川邉禎久 主任研究員、宝田晋治 上級主任研究員、石塚吉浩 研究グループ長らの研究成果です。)


    記事を読む(産総研Webサイト)

  2. 2020年 3月16日 (月) 掲載 出版物とサービス

    GSJ 地質ニュース Vol. 9 No. 3

    GSJ 地質ニュース vol. 9 / No. 3 を発行(掲載)しました。

     

  3. 2020年 3月 3日 (火) 発表・掲載   プレスリリース

    中京圏の北東部に位置する基盤岩分布域の新たな地質図を刊行

    -愛知・岐阜県境域の5万分の1地質図幅「明智」-
    (地質情報研究部門 山崎 徹 主任研究員、野田 篤 上級主任研究員、尾崎正紀 上級主任研究員が共同で行った研究の成果です。)


    記事を読む(産総研Webサイト)

  4. 2020年 3月 2日 (月) 発表・掲載   ニュースリリース

    磁性体の高度磁気解析の国際共同研究による成果

    -ナノメートルサイズの磁石を持つバクテリアから気候変動の復元を目指す-
    (地質情報研究部門 小田 啓邦 上級主任研究員らの研究成果です。)


    記事を読む(産総研Webサイト)

  5. 2020年 2月28日 (金) 掲載 出版物とサービス

    地質調査研究報告 Vol.71 No.1 (2020)

    地質調査研究報告 Vol.71 No.1 (2020)を発行(掲載)しました。

     

  6. 2020年 3月10日 (火) - 4月26日 (日) 開催 [ 2月20日掲載] イベント

    地質標本館 特別展
    「GSJのピカイチ研究-2019年のプレスリリース等で発信した成果より-」

    今回の展示では、2019年にGSJから発信した特筆すべき研究成果20件をまとめて紹介いたします。
    臨時休館中のため、開館になり次第開始します。

     

  7. 2020年 2月12日 (水) 掲載

    火山噴火予知連絡会に提出した資料を掲載

    「2020年2月3日口永良部島噴出物構成粒子の特徴(第2報)」を掲載しました。

     

  8. 一覧へ






  1. 地質標本館 特別展「GSJのピカイチ研究-2019年のプレスリリース等で発信した成果より-

    2020年 3月10日 (火) - 4月26日 (日) 開催 [ 2月20日掲載] イベント

    地質標本館 特別展
    「GSJのピカイチ研究-2019年のプレスリリース等で発信した成果より-」

    今回の展示では、2019年にGSJから発信した特筆すべき研究成果20件をまとめて紹介いたします。
    臨時休館中のため、開館になり次第開始します。

     

  2. 地質標本館 特別展「めくってみよう!大地の図鑑-山口-

    2020年 1月 7日 (火) - 3月 8日 (日) 終了 [ 1月 6日掲載] イベント

    地質標本館 特別展
    「めくってみよう!大地の図鑑-山口-」

    とてもバリエーションに富む日本の地質。とりわけ様々な地層や岩石があつまった山口県やその周辺の地域を特集します。

    2月28日をもって終了しました。

  3. 地質標本館 2019年度 特別展「日本初!日本列島大分析 元素で見る『地球化学図』」

    2019年10月 8日 (火) - 2020年 1月 5日 (日) 終了 [10月 3日掲載] イベント

    地質標本館 2019年度 特別展
    「日本初!日本列島大分析 元素で見る『地球化学図』」

    私たちの足元には、どんな元素がどれくらい存在しているのか?なぜそこにあるのか?そんな疑問への助けとなるのが「地球化学図」です。
    10月26日(土)には、特別講演会(「地球化学図」の見方)を行います。

     

  4. 「第32回 地質調査総合センターシンポジウム」

    2019年12月12日 (木) 終了 [10月17日掲載] イベント

    第32回 地質調査総合センターシンポジウム
    「神奈川の地質と災害」

    【事前受付は終了しました。】 会場:TKPガーデンシティ横浜 ホールA

     

  5. 「第31回 地質調査総合センターシンポジウム」

    2019年12月 6日 (金) 終了 [10月17日掲載] イベント

    第31回 地質調査総合センターシンポジウム 地圏資源環境研究部門研究成果報告会
    「地下水、土壌、地中熱の基盤データ整備と利活用」

    【事前登録制】 会場:秋葉原ダイビル・コンベンションホール

     

  6. 「GSSPシンポジウム ~国際層序の意味と意義」

    2019年11月23日 (土) 終了 [10月18日掲載] イベント

    GSSPシンポジウム ~国際層序の意味と意義~

    現在、我が国初めてのGSSPの認定をめぐり、地質学界のみならず社会の耳目を集めています。本シンポジウムでは、これまでの国際層序に関する取組みを含めて、改めてその意味・意義、その詳細を再確認します。

    会場:産総研つくば中央 共用講堂
    (日本地質学会が主催、地質調査総合センターと日本古生物学会が共催です。)

    日本地質学会のサイトへ

     

  7. 一覧へ



  1. 2020年 3月24日 (火) 発表・掲載   プレスリリース

    日本全国440火山の情報がひとめでわかるウェブ総合システムを開発

    -世界的にも高精度な「20万分の1日本火山図」データベースを公開-
    (活断層・火山研究部門 川邉禎久 主任研究員、宝田晋治 上級主任研究員、石塚吉浩 研究グループ長らの研究成果です。)


    記事を読む(産総研Webサイト)

  2. 2020年 3月 3日 (火) 発表・掲載   プレスリリース

    中京圏の北東部に位置する基盤岩分布域の新たな地質図を刊行

    -愛知・岐阜県境域の5万分の1地質図幅「明智」-
    (地質情報研究部門 山崎 徹 主任研究員、野田 篤 上級主任研究員、尾崎正紀 上級主任研究員が共同で行った研究の成果です。)


    記事を読む(産総研Webサイト)

  3. 2020年 1月29日 (水) 発表・掲載   プレスリリース

    「ちきゅう」による遠州灘掘削の速報:長期間の連続した地震記録試料を採取

    (地質情報研究部門 池原 研 首席研究員と荒井晃作 副部門長が共同で行った研究の成果です。)


    記事を読む(産総研Webサイト)

  4. 2020年 1月21日 (火) 発表・掲載   プレスリリース

    地球創世直後から地球磁場が存在した可能性が高まる

    -SQUID磁気顕微鏡によるジルコン結晶の磁気分析などから示唆-
    (地質情報研究部門 小田啓邦 上級主任研究員らの研究成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  5. 2019年12月11日 (水) 発表・掲載   プレスリリース

    音波が映し出す南鳥島周辺のマンガンノジュールの分布

    -世界初、海底資源の広域分布を可視化し面積を算出する方法を確立-
    (地質情報研究部門 佐藤太一 主任研究員が共同で行った研究の成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  6. 2019年11月28日 (木) 発表・掲載   プレスリリース

    世界初、深海底に眠る塊状のメタンハイドレートの強さや硬さを測定

    -海底表層のメタンハイドレート回収技術開発に関わる重要な物性の取得に成功-
    (地質情報基盤センター 森田澄人 次長が共同で行った研究の成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  7. 2019年11月19日 (火) 発表・掲載   プレスリリース

    7世紀末と9世紀末の東海地震の痕跡を発見

    -1300年間にわたる東海地震の繰り返しと南海地震との連動性が明らかに-
    (活断層・火山研究部門 藤原 治 副研究部門長らの研究成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  8. 2019年11月 1日 (金) 発表・掲載   プレスリリース

    ウナギやワカサギの減少の一因として殺虫剤が浮上

    -島根県の宍道湖でネオニコチノイド使用開始と同時にウナギ漁獲量が激減-
    (地質情報研究部門:山室真澄 特定フェローが共同発表者です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  9. 2019年 9月24日 (火) 発表・掲載 プレスリリース

    陸化した深海底堆積物の詳細な分布を示した地質図が完成

    -千葉県房総半島東部の5万分の1地質図幅「上総大原」-
    この地質図幅は、産総研が提携する委託販売先より9月25日から委託販売を開始します。

    記事を読む(産総研Webサイト)

  10. 一覧へ



  1. 2019年12月20日 (金) 掲載

    20万分の1日本シームレス地質図 V2のダウンロードファイル更新

    20万分の1日本シームレス地質図 V2のダウロードファイル(シェープファイル)を更新しました。

     

  2. 2019年 5月14日 (火) 掲載

    20万分の1日本シームレス地質図 V2 の新表示システムを公開

    メイン画面がV2版になり、現在位置の表示、活断層や火山の表示とデータベースへのリンク、3D表示、凡例の用語説明、凡例絞り込み表示(PCのみ)などに対応しました。

     

  3. 2019年 4月23日 (火) 掲載

    地質調査所初期出版資料デジタルアーカイブを公開

    これまで、貴重資料データベースとして公開してきた出版資料について、IIIF(International Image Interoperability Framework)に対応した配信を始めました。IIIF対応のビューア「地質調査所初期出版資料デジタルアーカイブ」からご利用いただけます。

     

  4. 2018年 3月12日

    20万分の1日本シームレス地質図 V2 Web API の正式公開

    ウェブサイト構築などで利用できる20万分の1日本シームレス地質図 V2 Web API の正式公開を開始しました。地理院タイルと同様のマップタイルや、凡例情報の取得にご利用いただけます。

     

  5. 2018年 3月 9日

    重力図(ブーゲー異常) 33 「金沢地域重力図」を出版しました。

    リンク先ページよりダウンロードできます。

     

  6. 2017年 8月 7日

    シームレス傾斜量図の公開

    地形や地質の直観的な理解に役立つシームレス傾斜量図を公開しました。日本全国の傾斜量図や陰影起伏図が利用でき、描画設定を変更する機能もあります。

     

  7. 2017年 7月 4日

    出版済みの火山地質図の、ベクトルデータとWMS/WMTSを公開

    全国19地域の火山地質図データが下記 (1) および (2) から、WMS / WMTSとその2D / 3Dビューアによるプレビューが (3) からご利用いただけます。
     (1) 地質図カタログ「火山地質図」、(2) 地質図類データダウンロード
     (3) 地質情報配信サービス「火山地質図」

     

  8. 2017年 6月27日

    エナジーコーン高速全球版の公開

    G-EVER火山災害予測支援システムにおけるエナジーコーンモデルによるシミュレーション(高速版)を改良し、ASTER GDEM ver.2を用いて全球に対応しました。火砕流等の火山重力流の高速なシミュレーションが海外の火山でも行えるようになりました。

    【関連情報】ASTER GDEM ver2.ASTER-VA

  9. 2017年 4月28日

    火山噴火による火砕流の影響範囲や津波による浸水領域をすぐに画像化!

    -インターネット上で標高データの高速利用が可能に-

     

  10. 2017年 3月27日

    5万分の1地質図幅のベクトルデータ(シェープファイル、KMLファイル)を[10 金沢]区画内 9面分、[11 京都]区画内 8面分追加公開しました。

     


地質情報データベース

GSJの組織

ご利用案内