1. 2018年 7月20日 (金) 更新 [ 7月10日掲載] 災害と緊急調査

    平成30年7月豪雨による斜面災害地の地質

    今回の豪雨では、各地で斜面崩壊が発生しており、発生地域の充分な把握ができておりませんが、いくつかの場所について地質図に基づいて地質の解説をします。

  1. 2018年 6月29日 (金) 更新 [ 6月18日掲載] 災害と緊急調査

    平成30年(2018年)6月18日に大阪府北部で発生した地震の関連情報

    地震の前震、本震、余震のメカニズム解を追加しました。

  1. 2018年 7月25日 (水) 更新 [ 3月 7日掲載] 災害と緊急調査

    霧島山新燃岳2018年噴火に関する情報

    霧島山新燃岳の噴火活動に対する現地調査結果を随時公開していきます。
    火山噴火予知連絡会に提出した資料を追加掲載しました。


  1. 2018年 8月10日 (金) 掲載 出版物とサービス

    地質調査研究報告 Vol.69 No.3 (2018)

    地質調査研究報告 Vol.69 No.3 (2018)を発行(掲載)しました。

     

  2. 2018年 8月10日 (金) 発表・掲載 プレスリリース

    微小な化石を新たな手がかりに、北海道東部の地質を解明

    -5万分の1地質図幅「網走」を刊行しました-

    産総研が提携する委託販売店(購入案内)で購入できます。

    記事を読む(産総研Webサイト)

  3. 2018年 8月21日 (火) - 11月18日 (日) 開催 [ 8月 1日掲載] イベント

    地質標本館 2018年度 特別展
    「地球の時間、ヒトの時間 -アト秒から46億年まで35桁の物語-」

    恐竜が生きていたのが何千万年前か、どうやって測るか知っていますか?世界一精密な時計ってどんなものでしょう?産総研は時間を測る専門家でもあります。35桁の幅がある時間のお話を、一緒に紐解いてみましょう。

     

  4. 2018年 7月26日 (木) 発表・掲載 プレスリリース

    グレートバリアリーフと氷床変動:世界遺産のグレートバリアリーフ掘削試料が明らかにした未知の急激な氷床変化

    (地質情報研究部門の鈴木淳研究グループ長が共著者です。doi:10.1038/s41586-018-0335-4)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  5. 2018年 7月24日 (火) 発表・掲載 ニュースリリース

    国際標準模式地の審査状況について

    -地層「千葉セクション」の認定へ向けて-

    (産総研地質領域での共同申請者は、活断層・火山研究部門:石塚治主任研究員、地質情報研究部門:板木拓也主任研究員です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  6. 2018年 7月17日 (火) 掲載 出版物とサービス

    GSJ 地質ニュース Vol. 7 No. 7

    GSJ 地質ニュース vol. 7 / No. 7 を発行(掲載)しました。

     

  7. 2018年 8月25日 (土) 開催 [ 7月12日掲載] イベント

    地質標本館 地球なんでも相談

    地質標本館を夏休みの自由研究に活用してみてはいかがですか?岩石・鉱物・化石や、地質全般に関する相談を受け付けます。

     

  8. 2018年 8月24日 (金) 開催 [ 7月12日掲載] イベント

    地質標本館 夏休みイベント 化石クリーニング体験教室 2018

    化石クリーニングを体験してみませんか?木の葉の化石が入った岩石をハンマーとタガネを使って割り、化石をきれいにして取り出す体験ができます。
    【事前申し込み制】

     

  9. 2018年 8月18日 (土) 開催 [ 7月 4日掲載] イベント

    第3回 ジオ・サロン「水の座談会~食べて飲んで水を知る~」

    お茶は軟水で淹れると美味しい?コーヒーは?など試飲も交えながら舌と頭で研究者と水について一緒に考えてみませんか?ぜひお気軽にご参加ください

    開催場所:プロント神田店(東京都千代田区鍛冶町)

    【参加申込受付中】

     

  10. 2018年 9月 7日 (金)- 9日 (日) 開催 [ 7月 3日掲載] イベント

    「地質情報展2018北海道」

    北海道地域の「地質」についてわかりやすく解説する特別展です。
    開催場所:かでる2・7 北海道立道民活動センター(札幌市中央区北2条西7丁目)

     

  11. 一覧へ


  1. 2018年 8月21日 (火) - 11月18日 (日) 開催 [ 8月 1日掲載] イベント

    地質標本館 2018年度 特別展
    「地球の時間、ヒトの時間 -アト秒から46億年まで35桁の物語-」

    恐竜が生きていたのが何千万年前か、どうやって測るか知っていますか?世界一精密な時計ってどんなものでしょう?産総研は時間を測る専門家でもあります。35桁の幅がある時間のお話を、一緒に紐解いてみましょう。

     

  2. 2018年 8月25日 (土) 開催 [ 7月12日掲載] イベント

    地質標本館 地球なんでも相談

    地質標本館を夏休みの自由研究に活用してみてはいかがですか?岩石・鉱物・化石や、地質全般に関する相談を受け付けます。

     

  3. 2018年 8月24日 (金) 開催 [ 7月12日掲載] イベント

    地質標本館 夏休みイベント 化石クリーニング体験教室 2018

    化石クリーニングを体験してみませんか?木の葉の化石が入った岩石をハンマーとタガネを使って割り、化石をきれいにして取り出す体験ができます。 【事前申し込み制】

     

  4. 2018年 8月18日 (土) 開催 [ 7月 4日掲載] イベント

    第3回 ジオ・サロン「水の座談会~食べて飲んで水を知る~」

    お茶は軟水で淹れると美味しい?コーヒーは?など試飲も交えながら舌と頭で研究者と水について一緒に考えてみませんか?ぜひお気軽にご参加ください

    開催場所:プロント神田店(東京都千代田区鍛冶町)

    【参加申込受付中】

     

  5. 2018年 9月 7日 (金)- 9日 (日) 開催 [ 7月 3日掲載] イベント

    「地質情報展2018北海道」

    北海道地域の「地質」についてわかりやすく解説する特別展です。小学校入学前のお子様から大人まで、様々な体験学習コーナーでの実験・実演を通じて、楽しみながら「地質」を学んでいただけるイベントです。
    開催場所:かでる2・7 北海道立道民活動センター(札幌市中央区北2条西7丁目)

     

  6. 2018年 4月17日 (火) - 8月19日 (日) 開催 [ 3月 9日掲載] イベント

    地質標本館 2018年度 春の特別展
    「関東平野と筑波山-関東平野の深い地質のお話-」

    西の富士・東の筑波と並び称される筑波山とは、いったい何ものなのか? 筑波山はなぜあんなにも目立つのでしょう?二つの峰を持つ独特の形以外にも秘密があります。「特別講演会」「一般参加型企画」も行います。(期間を延長しました。)

     

  7. 一覧へ














  1. 2018年 8月10日 (月) 発表・掲載 プレスリリース

    微小な化石を新たな手がかりに、北海道東部の地質を解明

    -5万分の1地質図幅「網走」を刊行しました-

    産総研が提携する委託販売店(購入案内)で購入できます。

    記事を読む(産総研Webサイト)

  2. 2018年 7月26日 (木) 発表・掲載 プレスリリース

    グレートバリアリーフと氷床変動:世界遺産のグレートバリアリーフ掘削試料が明らかにした未知の急激な氷床変化

    (地質情報研究部門の鈴木淳研究グループ長が共著者です。doi:10.1038/s41586-018-0335-4)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  3. 2018年 6月25日 (月) 発表・掲載 プレスリリース

    人工知能を用いた火山灰粒子の形状判別

    -噴火状況の迅速な理解を目指して-

    (産総研地質領域での共同発表者は、活断層・火山研究部門の大槻静香産総研特別研究員です。doi:10.1038/s41598-018-26200-2)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  4. 2018年 6月15日 (金) 発表 [ 6月21日掲載] プレスリリース

    多様な微生物が協働で工業廃水中の有害物質1,4-ジオキサンを安定的に分解

    -自然環境での未知微生物の役割を新たな高感度同位体追跡法で解明!-

    (地圏資源環境研究部門の眞弓大介主任研究員が共同発表者です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  5. 2018年 6月 7日 (木) 発表・掲載 プレスリリース

    サンゴの骨格成長に寄与する共生藻の役割を解明

    -広大なサンゴ礁が形成されるメカニズムの解明へ-

    (地質情報研究部門の鈴木淳研究グループ長が共著者です。doi:10.1016/j.gca.2018.05.016)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  6. 2018年 3月29日 (木) 発表・掲載 プレスリリース

    千葉県北部地域の地下の地質構造を3次元で可視化

    -国内初の3次元地質地盤図 、地震防災・減災や地質汚染対策に有用-

    記事を読む(産総研Webサイト)

     

  7. 2017年12月 4日 (月) 発表 [12月 7日掲載] プレスリリース

    先島諸島では、1771年八重山津波と同規模の津波が、過去2千年間に約600年の間隔で4回起きていた

    (産総研地質領域での共同発表者は、活断層・火山研究部門:宍倉正展研究グループ長です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

     

  8. 2017年11月14日 (火) 発表 [11月15日掲載] プレスリリース

    国際標準模式地の審査状況について

    -地層「千葉セクション」の認定へ向けて-
    (産総研地質領域での共同申請者は、活断層・火山研究部門:石塚 治主任研究員、地質情報研究部門:板木拓也主任研究員です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

     

  9. 2017年10月18日 (水) 発表・掲載 プレスリリース

    地震発生周期解明の手掛かりとなる地球化学プロセスの計算モデル構築

    -石英脈の形成が地震の発生周期に関係している可能性を提唱-

    記事を読む(産総研Webサイト)

     

  10. 2017年 9月14日 (木) 発表・掲載 プレスリリース

    恐竜化石はなぜ鳥羽で見つかったのか?

    -志摩半島の地殻変動の歴史を編んだ5万分の1地質図幅「鳥羽」を刊行-

    産総研が提携する委託販売店(購入案内)で購入できます。

    記事を読む(産総研Webサイト)

  11. 2017年 8月28日 (月) 発表・掲載 プレスリリース

    日本列島の成り立ちを記録する北アルプスの地質を解明

    -富山新潟県境・泊地域の5万分の1の地質図を刊行-

    産総研が提携する委託販売店(購入案内)で購入できます。

    記事を読む(産総研Webサイト)

  12. 2017年 8月21日 (月) 発表・掲載 プレスリリース

    サンゴが記録した人為起源二酸化炭素の大気放出による海洋酸性化の履歴

    (地質情報研究部門の鈴木淳研究グループ長が共著者です。doi:10.1038/s41598-017-07680-0)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  13. 2017年 7月24日 (月) 発表・掲載 プレスリリース

    香川をつくった1億年の歴史

    -香川県初の5万分の1地質図幅「観音寺」を刊行-

    産総研が提携する委託販売店(購入案内)で購入できます。

    記事を読む(産総研Webサイト)

  14. 一覧へ


  1. 2018年 3月12日

    20万分の1日本シームレス地質図 V2 Web API の正式公開

    ウェブサイト構築などで利用できる20万分の1日本シームレス地質図 V2 Web API の正式公開を開始しました。地理院タイルと同様のマップタイルや、凡例情報の取得にご利用いただけます。

     

  2. 2018年 3月 9日

    重力図(ブーゲー異常) 33 「金沢地域重力図」を出版しました。

    リンク先ページよりダウンロードできます。

     

  3. 2017年 8月 7日

    シームレス傾斜量図の公開

    地形や地質の直観的な理解に役立つシームレス傾斜量図を公開しました。日本全国の傾斜量図や陰影起伏図が利用でき、描画設定を変更する機能もあります。

     

  4. 2017年 7月 4日

    出版済みの火山地質図の、ベクトルデータとWMS/WMTSを公開

    全国19地域の火山地質図データが下記 (1) および (2) から、WMS / WMTSとその2D / 3Dビューアによるプレビューが (3) からご利用いただけます。
     (1) 地質図カタログ「火山地質図」、(2) 地質図類データダウンロード
     (3) 地質情報配信サービス「火山地質図」

     

  5. 2017年 6月27日

    エナジーコーン高速全球版の公開

    G-EVER火山災害予測支援システムにおけるエナジーコーンモデルによるシミュレーション(高速版)を改良し、ASTER GDEM ver.2を用いて全球に対応しました。火砕流等の火山重力流の高速なシミュレーションが海外の火山でも行えるようになりました。

    【関連情報】ASTER GDEM ver2.ASTER-VA

  6. 2017年 4月28日

    火山噴火による火砕流の影響範囲や津波による浸水領域をすぐに画像化!

    -インターネット上で標高データの高速利用が可能に-

     

  7. 2017年 3月27日

    5万分の1地質図幅のベクトルデータ(シェープファイル、KMLファイル)を[10 金沢]区画内 9面分、[11 京都]区画内 8面分追加公開しました。

     























地質情報データベース

GSJの組織

ご利用案内