1. 2017年 5月15日 (月) 掲載 出版物とサービス

    GSJ 地質ニュース Vol.6 No.5

    GSJ 地質ニュース vol. 6 / No. 5 を発行(掲載)しました。

     

  2. 2017年 5月11日 (木) 発表・掲載 プレスリリース

    元禄型関東地震の再来間隔、最短2000年ではなく500年

    (産総研地質領域での共同発表者は、活断層・火山研究部門:宍倉正展研究グループ長です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  3. 2017年 5月10日 (水) 発表・掲載 プレスリリース

    日本全国のウェブ地質図を完全リニューアル

    -新区分よる高精細20万分の1日本シームレス地質図が完成-

    記事を読む(産総研Webサイト)

  4. 2017年 5月 1日 (月) - 5月31日 (水) 開催 [ 5月 1日掲載] イベント

    「地質の日」経済産業省本館ロビー展示

    -今年は地熱と地中熱についてのパネル展示を開催します-

     

  5. 2017年 4月28日 (月) 発表 [ 5月 1日 掲載]

    火山噴火による火砕流の影響範囲や津波による浸水領域をすぐに画像化!

    -インターネット上で標高データの高速利用が可能に-

    記事を読む(産総研Webサイト)

  6. 2017年 4月5日 (水) 掲載 出版物とサービス

    地質調査研究報告 Vol.68 No.2(2017)を発行(掲載)しました

    特集:志摩半島,中生界堆積年代に関する新知見―5 万分の1 地質図幅「鳥羽」―

     

  7. 2017年3月30日 (木) 掲載 プレスリリース

    高知県地域の表層土壌評価基本図を公開

    -重金属類の暴露リスク評価に基づく土壌評価図-
    土地の利用計画やリスク評価の基盤情報

    記事を読む(産総研Webサイト)
    ダウンロード(地質図カタログ)

  8. 2017年 4月 4日 (火) - 6月 4日 (日) 開催 [ 3月13日掲載] イベント

    地質標本館2017年春の特別展 / 地震・活断層巡回展
    「2016年熊本地震 活断層に備えよう」

    本特別展では、熊本地震でどんなことが起きたのか、活断層や関連する地震の研究がどのように進んでいるのかなどに関する展示を行います。

     








  9. 一覧へ

  1. 2017年 5月 1日 (月) - 5月31日 (水) 開催 [ 5月 1日掲載] イベント

    「地質の日」経済産業省本館ロビー展示

    -今年は地熱と地中熱についてのパネル展示を開催します-

     

  2. 2017年 4月 4日 (火) - 6月 4日 (日) 開催 [ 3月13日掲載] イベント

    地質標本館2017年春の特別展 / 地震・活断層巡回展
    「2016年熊本地震 活断層に備えよう」

    本特別展では、熊本地震でどんなことが起きたのか、活断層や関連する地震の研究がどのように進んでいるのかなどに関する展示を行います。

     

  3. 2017年 4月22日 (土) 終了 [ 3月31日掲載] イベント

    科学技術週間特別講演会 熊本地震断層を掘ってみました
    -活断層研究から見た日奈久断層帯の「履歴書」-

    日奈久断層帯は、2016年熊本地震を引き起こした活断層の一つです。この講演会では、産総研が取り組んできた、日奈久断層帯に関する最新の活断層研究の成果についてやさしく解説します。

     

  4. 2017年 2月28日 (火) - 3月26日 (日) 終了 [ 2月21日掲載] イベント

    地質標本館 特別展示 GSJのピカイチ研究
    -2016年のプレスリリース、主な研究成果より-

    2016年にGSJから発信した特筆すべき研究成果12件をまとめて紹介いたします。

     

  5. 2017年 3月27日 (月) 終了 [ 2月21日掲載] イベント

    第12回 GSJジオ・サロン 「宇宙(そら)から地質」

    人工衛星から撮影した画像を中心に、地質に関係する情報についてご紹介します。一緒に地球の歩みを振り返ってみませんか?
     【事前申込制(先着20名)】

     

  6. 2017年 3月18日 (土) 終了 [12月15日掲載] イベント

    第24回 GSJシンポジウム「ようこそ ジオ・ワールドへ」

    地質学の普及を目的として、地質学の魅力や地学教育に関するシンポジウムをおこないます。第一部は体験型講座、第二部は講演、アナログ模型・パネルの展示解説を実施します。
    【事前申込制】※定員に達しましたので、申し込み受付は終了しました。(2017.2.20)

    地質情報研究部門サイトへ

  7. 2017年 1月17日 (火) - 2月26日 (日) 終了 [12月21日掲載] イベント

    地質標本館 新春特別展 ふるさとの新たな主役「県の石」

    「県の石」をご存知ですか?この特別展では、地質標本館に収蔵している「県の石」を多数展示します。皆さんのふるさとの地質とそこから生まれた新たな主役「県の石」をぜひ見てください。

     

  8. 2017年 2月20日 (月) 終了 [ 1月16日掲載] イベント

    第11回 GSJジオ・サロン 「見えない水」-地下水の今昔-

    昔から人類が恩恵を受けてきた“見えない水”について私たちはどこまで理解できているのでしょうか?ぜひ一緒に考えてみませんか?
     【事前申込制】※定員に達しましたので、申し込み受付は終了しました。(2017.2.17)

     

  9. 一覧へ

  1. 2017年 5月11日 (木) 発表・掲載 プレスリリース

    元禄型関東地震の再来間隔、最短2000年ではなく500年

    (産総研地質領域での共同発表者は、活断層・火山研究部門:宍倉正展研究グループ長です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  2. 2017年 5月10日 (水) 発表・掲載 プレスリリース

    日本全国のウェブ地質図を完全リニューアル

    -新区分よる高精細20万分の1日本シームレス地質図が完成-

    記事を読む(産総研Webサイト)

  3. 2017年3月30日 (木) 発表・掲載 プレスリリース

    高知県地域の表層土壌評価基本図を公開

    -重金属類の暴露リスク評価に基づく土壌評価図-
    土地の利用計画やリスク評価の基盤情報

    記事を読む(産総研Webサイト)
    ダウンロード(地質図カタログ)

  4. 2017年 3月13日 (月) 発表[2017年 3月16日 掲載] プレスリリース

    100℃以下の廃熱を利用可能なコンパクト型高性能蓄熱システムを開発

    -低温廃熱を工場間でオフライン輸送する実用化検証試験を開始-
    (産総研地質領域での共同発表者は、地圏資源環境研究部門:鈴木正哉研究グループ長・森本和也主任研究員、地質情報基盤センター:大和田朗キャリア主幹・佐藤卓見グループ長です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  5. 2017年 1月19日 (木) 発表[2017年 1月20日 掲載] プレスリリース

    サンゴの骨格形成の高精度な可視化に成功

    -サンゴは能動的に体内のpHを調整して成長する-
    (地質情報研究部門の鈴木 淳研究グループ長が共著者です。doi:10.1038/srep40324)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  6. 2016年12月26日 (月) 発表[2016年12月27日 掲載] プレスリリース

    新潟県内最古の化石を発見

    -糸魚川市小滝から見つかった4億2千万年前の化石-

    記事を読む(産総研Webサイト)

  7. 2016年12月15日 (木) 発表[2016年12月27日 掲載] プレスリリース

    世界自然遺産、小笠原諸島の形成過程を解明

    -小笠原諸島の地質図の整備が完了-

    産総研が提携する委託販売店
    https://www.gsj.jp/Map/JP/purchase-guid.html)で購入できます。

    記事を読む(産総研Webサイト)

  8. 2016年11月14日 (月) 発表[2016年12月27日 掲載] プレスリリース

    鬼怒川大水害による洪水堆積物の特徴を緊急調査により解明

    -地層から過去の洪水履歴を読み解くための鍵-

    記事を読む(産総研Webサイト)

  9. 2016年10月14日 (金) 発表[2016年12月8日 掲載] プレスリリース

    石炭を天然ガスに変えるメタン生成菌を発見

    -コールベッドメタンの成因解明に貢献-

    記事を読む(産総研Webサイト)

  10. 2016年8月10日 (水) 発表・掲載 プレスリリース

    赤穂市は恐竜時代のカルデラの中にできた町だったことが判明

    -播州赤穂地域の詳細な地質図幅を刊行-

    産総研が提携する委託販売店
    https://www.gsj.jp/Map/JP/purchase-guid.html)で購入できます。

    記事を読む(産総研Webサイト)

  11. 2016年7月19日 (月) 発表・掲載 プレスリリース

    約50年ぶりに富士山の地質図を全面改定

    -防災・減災への寄与に期待-

    産総研が提携する委託販売店
    https://www.gsj.jp/Map/JP/purchase-guid.html)で購入できます。

    記事を読む(産総研Webサイト)

  12. 2016年7月15日 (金) 発表[2016年12月27日 掲載] プレスリリース

    富士山周辺の水資源・水環境を見える化したマップ

    -世界遺産富士山の地下水の科学情報をまとめた「水文環境図」を刊行-

    産総研が提携する委託販売店
    https://www.gsj.jp/Map/JP/purchase-guid.html)で購入できます。

    記事を読む(産総研Webサイト)

  13. 2016年7月8日 (金) 発表・掲載 プレスリリース

    防災・減災の基礎資料となる越後平野の地質図幅を作成

    -新潟市街部の軟弱地盤や近傍の活断層の分布を初めて公開-

    産総研が提携する委託販売店
    https://www.gsj.jp/Map/JP/purchase-guid.html)で購入できます。

    記事を読む(産総研Webサイト)

  14. 一覧へ

  1. 2017年 3月

    重力図(ブーゲー異常) 32 「和歌山地域重力図」を出版しました。

    リンク先ページよりダウンロードできます。

     

  2. 2017年 3月

    土壌評価図 7 「表層土壌評価基本図 ~高知県地域~」を出版しました。

    リンク先ページよりダウンロードできます。

     

  3. 2017年 3月27日

    5万分の1地質図幅のベクトルデータ(シェープファイル、KMLファイル)を[10 金沢]区画内 9面分、[11 京都]区画内 8面分追加公開しました。

     

  4. 2017年 3月14日

    【トピックス】GSJ LDが「Linked Open Data チャレンジ Japan 2016 データセット部門最優秀賞」を受賞

     

  5. 2016年12月

    海洋地質図 88 (CD)「見島沖海底地質図」(1:20万)を出版しました。

     

  6. 2016年10月21日

    「富士火山地質図(第2版)」のWMS/WMTSを追加しました。

    5万分の1地質図幅の東京エリア(08)に 7図幅、八丈島エリア(09)に 3図幅のWMS/WMTSを追加しました。

     

  7. 2016年 8月11日

    「海面上昇シミュレーションシステム」公開しました。

     

  8. 2016年 7月

    5万分の1地質図幅「播州赤穂」を出版しました。

     

  9. 2016年 7月

    S- 5 海陸シームレス地質情報集「駿河湾北部沿岸域」(1:20万)を出版しました。

    リンク先ページよりダウンロードできます。

     

  10. 2016年 7月

    特殊地質図 12「富士火山地質図(第2版)」(1:5万)を出版しました。

     

  11. 2016年 6月

    5万分の1地質図幅「新潟及び内野」を出版しました。

     

  12. 2016年 5月

    5万分の1地質図幅「母島列島」を出版しました。

     

  13. 2016年 5月

    「東アジア地域地震火山災害情報図(1:1,000万)」を出版しました。

    リンク先ページよりダウンロードできます。

     

地質情報データベース

GSJの組織

ご利用案内