基調講演石油の将来と現在の戦争:厳しい地球科学からの観点 【要旨】

Oin Future and War Now: A Grim Earth Sciences'View.

エイモス・ヌル(スタンフォード大学) AMOS NUR、 Stanford University、 Stanford California、 US.

世界の人口一人あたりの石油消費量は、生活水準に密接に関係している。従って、中国やインドなどの開発途上国で繁栄が進展することは、一人当たりの石油消費量が増大することを意味する。しかし、石油は有限な資源であり世界的に生産量はまさに減少し始めた。この傾向は逆行することは無い。したがって、石油に対する需要の増加は、国際的な争いを生み出しており、湾岸戦争、9.11 、イラク侵攻は最初の小競り合いと見ることができる。これらの小競り合いも、まだぼんやりとしか見えてこないのであるが、アメリカと中国との間で石油の争奪がおこる可能性が高まったこと、その将来の石油争奪の問題に比べると、たいしたものではないかもしれない。

英文はこちらから:http://water.stanford.edu/nur/