第20回

| 趣旨 | プログラム | ポスター発表 | 参加登録 | CPD希望の方のご登録 |

第20回「地質学は火山噴火の推移予測にどう貢献するか」

開催趣旨

産総研では、多様な噴火現象を理解しその活動推移を予測するために、地質学的・物質科学的な調査・研究を行い、噴火履歴の把握とそれを引き起こしたマグマ活動機構の理解を進めている。本シンポジウムでは、火山噴火推移予測への地質学・物質科学の貢献について、産と官の立場からご講演頂くとともに、産総研で行われている最新の研究成果を紹介し、火山国日本において「安全で安心な社会を構築」するための研究のあり方について議論する。

開催概要
タイトル 地質調査総合センター第20回シンポジウム
地質学は火山噴火の推移予測にどう貢献するか
日時 2013年1月22日(火) 13:15〜18:00 【開場:12:50】
会場 秋葉原ダイビルコンベンションホール→<アクセス>
(東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル2階)
主催 独立行政法人産業技術総合研究所地質調査総合センター
後援 一般社団法人全国地質調査業協会連合会
参加費 無料
事前参加登録 予定の定員に達しましたので締切りました。
CPD希望の方の
ご登録
登録は終了しました。