第6回

趣旨 | 開催概要 | プログラム | 展示

第6回「地質情報の社会貢献を考える」

趣旨

地質情報の有効活用が、現在注目されている。建設コンサルタント、自治体、公的機関等が保有する地質情報を、知的基盤として整備し広く活用することができれば、地震防災や建設コスト削減等に大きく貢献できると考えられる。本シンポジウムでは、このような地質情報の社会貢献について講演や展示を中心に議論する。
なお、講演後は、インターネットによる地質情報の公開についての近年進歩の著しい情報技術を利用した展示・実演を行う。

開催概要

地質調査総合センター第6回シンポジウム
「地質情報の社会貢献を考える」
日時 : 平成18年11月14日 (火)

タイトル 地質調査総合センター第6回シンポジウム
地質情報の社会貢献を考える
日時 2006年11月14日 (火) 13:30〜17:00 (シンポジウム)
17:00〜18:00 (展示発表)
会場 秋葉原コンベンションホール (秋葉原ダイビル2F)
主催 独立行政法人産業技術総合研究所地質調査総合センター・
産学官連携推進部門、地質地盤情報協議会
共催 日本応用地質学会、(社) 全国地質調査業協会連合会
入場 無料 (ただし、当日、資料代として1000円いただきます。)
定員 150名
事前参加登録 終了しました
CPD (技術者継続教育) 3.5単位が認定されます。

プログラム

開会の挨拶 佃栄吉 (産業技術総合研究所)
開会の挨拶 栗本史雄 (産業技術総合研究所)
特別講演
地質調査技術の将来展望 小島圭二 (地圏空間研究所)
質疑応答  
休憩  
講演
1. 地質情報の社会的価値―アウトカムからの視点 斎藤眞 (産業技術総合研究所)
2. コスト構造改革下での地質調査の役割-全地連「地質リスクWG」の活動報告- 佐橋義仁 (全国地質調査業協会連合会)
3. 北海道での地質情報の活用について 小澤聡
4. 建設コンサルタントの地質情報活用 尾園修治郎 (株式会社建設技術研究所)
総合討論  
閉会の挨拶 藤城泰行 ( (社) 全国地質調査業協会連合会)

展示

Web-titan、Web-GIS、シームレス地質図、活断層データベース、GEOLIS (地質文献データベース) 等のデモンストレーションを行います。