岩手・宮城内陸地震 [2008年]

平成20年岩手・宮城内陸地震

2016年6月10日 更新(リンク切れ等の修正)
2009年8月31日 更新

English

産総研地質調査総合センターでは、2008年6月14日午前8時43分に岩手・宮城県で発生したM 7.2の地震「平成20年岩手・宮城内陸地震」に対し、組織的な対応をとるために「緊急調査本部」を地質調査情報センター地質調査企画室に設置しました。地質調査総合センターでは、本ウェブサイトを通じて本地震に関する研究情報を一元的に発信して参ります。

調査速報

活断層研究センターによる緊急現地調査速報

活断層研究センターによる地震速報のウェブサイトはこちら(現活断層・火山研究部門)

地質図

震央周辺地域の地質
  • 20万分の1日本シームレス地質図データベース
  • 20万分の1地質図幅「新庄及び酒田」
  • 10万分の1特殊地質図「栗駒地熱地域地質図」
  • 7.5万分の1地質図幅「鬼首」6.26up!

これらの地質図類は、関連する地質図とともに、地質図ライブラリーで公開中です。

Google Earthによる地質情報の閲覧

各種情報をGoogle Earth形式でダウンロードし、重ね合わせて閲覧することができます。

Google Earthのダウンロードはこちら

Windowsをご利用の方で、ダウンロードしたファイルの拡張子がzipの場合は、kmzに直してからダブルクリックして下さい。

研究成果と各種情報

地震動分布推定

情報技術研究部門松岡昌志氏のページ


遠地実体波から推定される断層モデル (2016年06月10日:リンク先閉鎖のためリンク解除。)

活断層研究センター堀川晴央氏のページ


震源付近の重力異常 (2016年06月10日:リンク先閉鎖のためリンク解除。)

地質情報研究部門地球物理情報RGのページ


斜面崩壊地周辺の地質

10万分の1特殊地質図「栗駒地熱地域地質図」による解説です。

データベース

活断層データベース

日本の活断層に関係する総合データベースです。

震源域周辺の活断層
過去に大地震を起こした震源域周辺の活断層
活断層関係の調査研究文献書誌(国土地理院20万分の1地勢図の区域ごとに一覧)
地質災害データベース

東・東南アジアの地質ハザードマップによる震央位置

RIO-DB(産総研研究情報公開データベース)で公開中の地質災害データベースです。(現在は、利用できません。:2016年06月10日 追記)

表示後、「最近の地震」をクリックして下さい。

*Macをご利用の方は、Fire Foxをお使い下さい。

20万分の1日本シームレス地質図データベース

インターネットを利用してご覧いただける地質図です。

関連リンク

問い合わせ先

産総研地質調査総合センター