令和4年(2022年)6月19日に能登半島で発生した地震の関連情報



令和4年(2022年)6月19日に能登半島で発生した地震の関連情報

2022年 6月22日 開設

 令和4年6月19日15時08分に能登半島の北東部でマグニチュード5.4(気象庁暫定値)の地震が発生しました。発震機構は北西―南東方向に圧力軸を持つ逆断層型です。今回の地震の東南東約3kmでは、2021年9月16日にマグニチュード5.1の地震が発生していました。ここでは、今回の地震の発生域周辺の活断層及び応力場について簡単に紹介します。

地震発生域周辺の活断層

 産業技術総合研究所では、2008 年に能登半島の北岸沖で海底地質調査を実施し、海底に分布する活断層の全貌を明らかにしました(岡村ほか, 2010)。それによると、能登半島北岸の 5〜10 km 沖に北東〜南西走向の活動的な逆断層が断続的に分布していることが示されています。それらは東から西へ、20 km 前後の長さを持つ珠洲沖セグメント、輪島沖セグメント、猿山岬沖セグメント、門前沖セグメ ントに区分されています(図 1, 2)。すべての断層は南側が隆起する南東傾斜の逆断層で、中新世の 日本海拡大時に形成された正断層が再活動したものです。
 このうち、門前沖セグメントは 2007 年能登半島地震の震源断層であったことが確認されています (井上ほか, 2007)。高分解能反射断面で、2007 年の地震に伴う変位が確認され、さらに約 15,000 年 間の地層に記録された累積変形構造から 2,000〜3,000年間隔で地震が発生してきたと推定されています(池原ほか, 2007)。また、猿山沖セグメントより東側では、海岸沿いに分布する低位段丘及び離水生物遺骸群集の調査が行われ、最高で7mに達する3段の段丘が断続的に分布すること、過去約 1,500 年間の離水生物遺骸群集が標高2m 以下に分布することが明らかになっています(宍倉ほか, 2020)。 段丘の年代は直接測定できていませんが、間接的な仮定に基づいた参考値として、平均隆起速度は 0.6 〜1.5m/ky、地震発生間隔は数百年から 2,000 年と推定されています。
 今回の地震は珠洲沖セグメントの南東約4~5km付近を震源として発生しましたが、活断層との関係は今のところ不明です。

図1 能登半島北岸沖の活断層と6月19日の地震の震央。図1 能登半島北岸沖の活断層と6月19日の地震の震央。
基図は、井上・岡村(2010)。震源位置は防災科学技術研究所Hi-net、気象庁、東京大学、京都大学の各機関の地震観測網で得られた地震波形データと、気象庁一元化処理検測値を使用し、hypoDDにより決定したものである。

図2 能登半島の海陸シームレス地質図。図2 能登半島の海陸シームレス地質図。
基図は、井上ほか(2010)。2021年9月16日の地震(M5.1)の震央は気象庁一元化カタログより、2022年6月19日の地震(M5.4)の震央は図1と同じである。メカニズム解は防災科学技術研究所のF-net解を示す。

引用文献

  • 池原 研・井上卓彦・村上文敏・岡村行信(2007)能登半島西方沖の堆積作用・完新世堆積速度と活断層の活動間隔.地震研彙報,82,313-319.
  • 井上卓彦・村上文敏・岡村行信・池原 研(2007)2007 年能登半島地震震源域の海底活断層.地震研彙報,82,301-312.
  • 井上卓彦・岡村行信 (2010) 能登半島北部周辺20万分の1海域地質図及び説明書. 海陸シームレス地質情報集, 「能登半島北部沿岸域」. 数値地質図S-1, 地質調査総合センター, https://www.gsj.jp/data/coastal-geology/GSJ_DGM_S1_2010_01_b_sim.pdf.
  • 井上卓彦・尾崎正紀・岡村行信 (2010) 能登半島北部域20万分の1海陸シームレス地質図及び地質断面図. 海陸シームレス地質情報集, 「能登半島北部沿岸域」. 数値地質図S-1, 地質調査総合センター,https://www.gsj.jp/data/coastal-geology/GSJ_DGM_S1_2010_03_a.pdf
  • 岡村行信・井上卓彦・尾崎正紀・池原 研・駒澤正夫・大熊茂雄・加野直巳・伊藤 忍・横田俊之・山口和雄(2010)海陸シームレス地質情報集, 「能登半島北部沿岸域」.数値地質図S-1, 地質調査総合センター,https://www.gsj.jp/researches/project/coastal-geology/results/s-1.html.
  • 尾崎正紀(2010)能登半島北部20万分の1地質図及び説明書. 海陸シームレス地質情報集, 「能登半島北部沿岸域」. 数値地質図 S-1, 地質調査総合センター,https://www.gsj.jp/researches/project/coastal-geology/results/s-1.html
  • 宍倉正展・越後智雄・行谷佑一(2020)能登半島北部沿岸の低位段丘および離水生物遺骸群集の高度分布から見た海域活断層の活動性.活断層研究,no.53, 33-49.

地震発生域の応力場

 今回の地震発生域周辺において、地震の震源メカニズム解を用いて推定した地殻応力場は、最大水平主圧縮軸が概ね北西-南東方向を向いている。地殻応力場データベースに掲載している応力方位(全国0.2度メッシュ)を図3に示す。このデータは、2003年~2020年の地震に基づくものであり、2021年から能登地方で活発化した地震活動のデータは使用していない。そのため、より詳しく地殻応力場を見るため、2021年・2022年のデータを使用して、全国応力地図と同様の手法で、能登地方のみを対象に地殻応力場を推定した結果が図4である。
 今回の地震については、気象庁により北西-南東方向に主圧力軸(P軸)を持つモーメントテンソル解が推定されている。これはこの地域の地殻応力場の特徴をよく反映して地震が発生したことを示している。

図3 石川県能登地方周辺における最大水平主圧縮軸の方位(Uchide et al., 2022)。図3 石川県能登地方周辺における最大水平主圧縮軸の方位(Uchide et al., 2022)。色は、応力場が対応する断層のタイプを示す。基図は国土地理院の地理院地図である。

図4 微小地震(マグニチュード0.7から3.1まで)の震源メカニズム解から推定した最大水平主圧縮軸の方位。図4 微小地震(マグニチュード0.7から3.1まで)の震源メカニズム解から推定した最大水平主圧縮軸の方位。
色は、応力場が対応する断層のタイプを示す。

謝辞

データ解析においては、国立研究開発法人 防災科学技術研究所のHi-netと気象庁、東京大学、京都大学の各機関の地震観測網で得られた地震波形データと、気象庁一元化処理検測値を使用した。

引用文献

問い合わせ先

産総研地質調査総合センター