地質調査所月報 Vol.13 No.7 (1962)

目次

タイトル著者 PDF
山形県東田川郡朝日村砂川付近の地質および含ウラン礫岩について 島津光夫・河内洋佑 (559-572) 13-07_01.pdf(4,376KB)
群馬県勢多地区の放射能調査 林昇一郎・五十嵐俊雄 (573-582) 13-07_02.pdf(1,940KB)
新潟県北蒲原郡中条町の含ウランノジュールについて 浜地忠男 (583-588) 13-07_03.pdf(1,595KB)
長野県西筑摩郡下の放射能調査 林昇一郎・丸山修司 (589-595) 13-07_04.pdf(1,465KB)
岡山県真庭郡八束村付近の地質および放射能強度 佐藤良昭・星野一男・須貝貫二 (597-604) 13-07_05.pdf(1,671KB)
愛媛県宇和島地区のマンガン鉱床に伴なうウランについて 浜地忠男・坂巻幸雄 (605-612) 13-07_06.pdf(1,525KB)
概報
秋田県阿仁町付近の放射能強度について 坊城俊厚・林昇一郎・尾上亨 (613-619) 13-07_07.pdf(1,601KB)
岩手県和賀地区の放射能強度第1報 高橋兵一 (621-624) 13-07_08.pdf(659KB)
筑豊炭田田川地区の古第三紀層放射能強度調査 古川俊太郎 (625-628) 13-07_09.pdf(915KB)
資料
地殻の発達とその過程における交代作用の意味について V. V. TIKHOMIROV (629-640)
訳:小西善治
13-07_10.pdf(2,718KB)
講演要旨 (昭和37年5月本所において開催)
北西九州佐世保・崎戸松島両炭田地域における第三紀地史について2,3の基礎的問題 長浜春夫 (641-642) 13-07_11.pdf(593KB)
東北地方中部における新第三紀造山運動,火成活動および鉱化作用 (第1報鉱化作用の時期と場に関する一考察) 大沢あつし (641-642)