2017年

~今年は地熱と地中熱についてのパネル展示を開催します~

私たちの住んでいる大地は、地層、岩石などでできています。これらの性質のことを「地質」と呼んでおり地質情報は、地質図やデータベースなどとして活用されています。このため、「地質の日」に合わせて、地質情報をより身近に感じていただくため、地熱及び地中熱の紹介を中心に、経済産業省本館1階ロビーにおいてパネル展示を実施します。

1.5月10日「地質の日」の由来

 明治9年(1876年)5月10日に、日本で初めて広域的な地質図として「日本蝦夷地質要略之図」(200万分の1)が公表されたことに由来します。

2.地質の調査に関する取組

 国立研究開発法人産業技術総合研究所地質調査総合センターは、135年にわたって実施してきた地質調査の結果を、各種地質図やデータベースなどの地質情報としてウェブサイト等で公開しています。

3.パネル展示の概要

(1) 期間:平成29年5月1日(月)~平成29年5月31日(水)18時まで

(2) 場所:経済産業省本館1階ロビー(正面玄関側)

(3) 内容:「地熱発電」及び「地中熱利用」の紹介

タイトル:地球の熱を上手に使う−地熱発電と地中熱利用−
「地熱」「地中熱」とは何か、これら地球の熱を上手に使うことで我々の生活にもたらされるメリットなどを紹介します。

  • 「地球の熱を上手に使う−地熱発電と地中熱利用−」の紹介のPDFファイルはこちらからダウンロードできます.(5 MB)

「地熱発電」及び「地中熱利用」の紹介

経済産業省Webサイト「ニュースリリース」

http://www.meti.go.jp/press/2017/05/20170501001/20170501001.html

この展示についてのアンケートにご協力をお願いします。
(アンケート実施期間:平成29年5月1日~平成29年6月2日17時)

アンケートに答える(https://questant.jp/q/metigeologyday2017)



展示パネルの技術的内容についてのお問い合わせ先
国立研究開発法人産業技術総合研究所地質調査総合センター
  担当者:斎藤、阪口、昆
  電話:029-861-3540(直通)


*PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® などのソフトウェアが必要です。
*パネルの利用について、「改変する行為(二次利用)」は不可です。使用するのは、「地質の日」の宣伝活動に限ります。

Adobe® Reader® は、合衆国およびその他の国におけるアドビシステムズ社の商標または登録商標です。