過去の特別展

2017年

地質標本館 夏の特別展「魅惑の鉱物 -北川隆司鉱物コレクションと青柳・今吉鉱物標本-」
地質標本館2017年春の特別展/地震・活断層巡回展「2016年熊本地震  活断層に備えよう」

2017年7月11日(火)~10月1日(日)

 故北川隆司広島大学教授(鉱物学)が収集した鉱物コレクションは、これまで日本各地で開かれた巡回展を通して多数の人々を魅了してきました。その巡回展の掉尾を飾る特別展を、地質標本館で開催致します。特別展の前半(7月11日~9月3日)は「鉱物と人間生活」、後半(9月5日~10月1日)は「鉱物の分類学」をテーマとした二部構成です。かねてより地質標本館で展示されている青柳鉱物標本、今吉鉱物標本などと併せて、鉱物の持つ魅力、科学的な見方などを知っていただければ幸いです。

もっと詳しく見る

地質標本館2017年春の特別展/地震・活断層巡回展「2016年熊本地震 活断層に備えよう」
地質標本館2017年春の特別展/地震・活断層巡回展「2016年熊本地震  活断層に備えよう」

2017年4月4日(火)~2017年6月4日(日)

 2016年熊本地震は、最近の研究で数千年に一度の割合で大地震が起こることが分かっていた活断層で起きた地震でした。
 この展示を通して、熊本地震でどんなことが起きたのか記憶にとどめ、また活断層や関連する地震の研究がどのように進んでいるのかを知り、今後、活断層でおこる地震に備え、災害に強い社会を築くための一助となることを願っています。

もっと詳しく見る

GSJのピカイチ研究 -2016年のプレスリリース、主な研究成果より-
GSJのピカイチ研究 -2016年のプレスリリース、主な研究成果より-

2017年2月28日(火)~3月26日(日)

 産総研では、研究成果の中で特筆すべきものについて、プレスリリースを行ったり、主な研究成果としてウェブ発信を行ったりしています。  今回の展示では、2016年に地質調査総合センター(GSJ)から発信した特筆すべき研究成果12件をまとめて紹介いたします。

もっと詳しく見る

地質標本館 新春特別展 ふるさとの新たな主役「県の石」
地質標本館 新春特別展 ふるさとの新たな主役「県の石」

2017年1月17日(火)~2月26日(日)

 「県の石」をご存知でしょうか?日本地質学会は、2016年5月に、全国47都道府県についてその県に特徴的に産出する、あるいは発見された岩石・鉱物・化石をそれぞれの「県の石」として選定し発表しました。
 地質標本館には、地質調査総合センターが調査・研究してきた様々な地質試料が登録標本として収蔵されています。それらの登録標本には、この「県の石」、特に「県の岩石」・「県の鉱物」が多数含まれています。
 2016年7月には、地質標本館にて臨時展示「県の石」展を開催しましたが、今回の特別展のためにさらに展示標本を選定・追加して、より多くの標本を展示いたします。

もっと詳しく見る

2016年

地質標本館2016年冬の特別展示「首都をささえる大地のしくみ」
-地質情報展2016とうきょう-
地質標本館2016年冬の特別展示「首都をささえる大地のしくみ」ー地質情報展2016とうきょうー

2016年11月8日(火)~2017年1月15日(日)

 「地質情報展2016とうきょう」は、東京都と周辺地域の地質や地震・津波・火山災害の起こるしくみなどをわかりやすく解説し、体験学習等により楽しく学ぶイベントとして2016年9月に東京・日本大学で開催されました。
 この特別展では、「地質情報展2016とうきょう」のパネルを再展示し、東京及び周辺の地質、断層や地震、山と島のでき方、資源などについて ご紹介します。
 併せて今年10月の西之島(東京都小笠原村)上陸の様子の説明パネルとともに、その際採取した火山噴出物を展示しています。

もっと詳しく見る

日本ジオパーク認定記念臨時展示「筑波山地域ジオパークを学ぼう!」
日本ジオパーク認定記念臨時展示「筑波山地域ジオパークを学ぼう!」

2016年10月4日(火)~10月29日(土)

 平成28年9月9日に、筑波山を中心にした地域が日本ジオパークとして認定されました。
 地質標本館は、これまでの筑波山地域ジオパーク構想において学習施設の一つと位置付けられてきています。
 今回の日本ジオパーク認定を受け、筑波山地域ジオパークに対する理解を深めていただくための取り組みの一つとして、地質標本館での臨時展示を企画しました。
 地質標本館には、地質の研究成果として得られた多数の研究試料が展示されています。
 この機会に、筑波山地域ジオパークに関連する展示標本について見ていただき、その地質学的な面について学んでいただければ幸いです。

もっと詳しく見る

地質標本館 夏の特別展「あの山この山どんな山?」
-「山の日」制定記念 日本の山の地質-
春の特別展 第7回「惑星地球フォトコンテスト」入選作展示会『地球写真の世界』

2016年7月20日(水)~10月2日(日)

 国土の多くを美しい山林が彩る日本にふさわしい「山の日」が新たな祝日として制定されました。皆さんの中には、登山が趣味という方も少なくないのでは?そこでご提案です。次回の登山では地質図を持って行ってみませんか。汗をかいて足を踏みしめる山道で、地面の下を意識すると、今までとは違った登山の魅力に気付くかもしれません。登山をしない方にとっても、見慣れた山の姿に、新しい発見があるかもしれません。

もっと詳しく見る

春の特別展 第7回「惑星地球フォトコンテスト」入選作展示会『地球写真の世界』
春の特別展 第7回「惑星地球フォトコンテスト」入選作展示会『地球写真の世界』

2016年4月19日(火)~5月22日(日)

 今回は、「地球写真」についての特別展として、「地質写真コンテスト」(地質調査総合センター主催、平成17~21年度、計5回)と第7回「地球惑星フォトコンテスト」(日本地質学会主催、平成27年度)の両者の入選作を展示しました。
 この特別展では、双方の作品を一堂に展示することで、素晴らしい「地球写真」の存在と、身の回りの風景の新たな地質学的見方をご紹介します。

もっと詳しく見る

2015年

地質標本館 特別展示「地質情報展2015ながの ―知っていますか 信濃の大地―」
地質情報展2015ながの ―知っていますか 信濃の大地―

2015年12月1日(火)~2016年3月21日(月)

 「地質情報展2015ながの」は、長野県および周辺地域の地質をはじめとして、最新の地質学の成果や地震・津波・地盤災害の起こるしくみをわかりやすく体験的に”展示・解説”するイベントです。
 この特別展では、「地質情報展2015ながの」のパネル、長野県を中心とした床張りシームレス地質図を再展示して、長野県および周辺地域の地質をご紹介します。

もっと詳しく見る

夏の特別展 「ジオパークで見る日本の地質」
第4回火山巡回展 伊豆大島火山

2015年7月14日(火)~9月27日(日)

  現在、日本には36ヶ所のジオパークがあり、そのうち7ヶ所が世界ジオパークに認定されています。各地のジオパークから選んだ美しい写真を使って、日本列島を形成する岩石・地層と代表的な地質現象を紹介します。ジオパークにみられる美しい景観は、地球のどんな働きでどうやってできたのでしょう?

もっと詳しく見る

春の特別展 第4回火山巡回展 伊豆大島火山 ―火山の恵みと2013年の土砂災害―
第4回火山巡回展 伊豆大島火山

2015年4月14日(火)~2015年6月28日(日)

  日本は火山国であり、その恵みをうけている私たちは、火山と一緒に生活していかなければなりません。本巡回展は、火山をより理解するため、伊豆大島火山はどのような火山なのかを学び、自然と人々との繋がりを理解する特別展示です。

もっと詳しく見る

2014年

地質情報展2014かごしま ―火山がおりなす自然の恵み―
「地質情報展2014かごしま」

2014年11月5日(火)~2015年3月22日(日)

 「地質情報展2014かごしま」は、鹿児島及び周辺の地質をはじめとして、最新の地質学の成果や地震・津波・地盤災害の起こるしくみなどを分かりやすく体験的に展示・解説するイベントです。
 この特別展では、「地質情報展2014かごしま」のパネルを再展示して、鹿児島及び周辺の地質と地形をご紹介します。

もっと詳しく見る

夏の特別展 「地質アナログ模型の世界」
「地質アナログ模型の世界」

2014年7月15日(火)~10月13日(月)

 地質調査総合センターでは、これまでの130年間にわたり日本の地質を調査して地質図を出版してきました。しかし、専門的なトレーニングを受けた経験がなければ、地質図を読み解くには困難を伴います。
 そこで、皆様に地質図をより直感的に理解していただくために、地質情報を立体化した「地質アナログ模型」を作製しました。
※関連イベント(地質標本館特別講演会)があります。

もっと詳しく見る

春の特別展 地質の目でみる地震災害の連鎖
-東北地方太平洋沖地震によって引き起こされた複合的災害の解明-
event

2014年3月4日(火)~6月29日(日)

 平成23年3月11日に、東北地方太平沖で国内観測史上最大の地震が発生しました。この地震にともなって巨大な津波が発生し、大きな被害をもたらしました。陸上では、揺れによる家屋の倒壊だけでなく、地盤の液状化による被害も深刻でした。
 本特別展では、震災後に産総研の地球科学者が行った研究について、わかりやすく展示します。
※特別展に関連した講演会を行います。

もっと詳しく見る


このページの先頭へ