地質標本館 2018年度 特別展「地球の時間、ヒトの時間 —アト秒から46億年まで35桁の物語—」

特別展示

地質標本館 2018年度 特別展「地球の時間、ヒトの時間 —アト秒から46億年まで35桁の物語—」

地質標本館 2018年度 特別展「地球の時間、ヒトの時間 —アト秒から46億年まで35桁の物語—」

2018年8月21日(火)~2018年11月18日(日)

 地球の年齢(約46億年=約1.45×1017秒)、恐竜の絶滅(約6550万年前)など地質学的な長い時間は、どうやって測るのでしょう?一方、一秒の長さは誰がどうやって決めるのでしょう?それを決めるために人類が作った最も高精度な時計の精度は10-18秒(アト秒)に達しようとしています。35桁の幅がある時間のお話を,一緒に紐解いてみましょう。


開催概要

会期2018年8月21日(火)~2018年11月18日(日)
時間9時30分~16時30分
会場地質標本館 1階ホール
主催地質調査総合センター
協力 東京大学大気海洋研究所
立命館大学古気候学研究センター
株式会社パレオ・ラボ
株式会社京都フィッション・トラック
産総研計量標準総合センター
若狭三方縄文博物館
このページの先頭へ