特別展示

地質標本館2017年春の特別展/地震・活断層巡回展「2016年熊本地震 活断層に備えよう」

地質標本館2017年春の特別展/地震・活断層巡回展「2016年熊本地震  活断層に備えよう」

2017年4月4日(火)~2017年6月4日(日)

 2016年熊本地震は、最近の研究で数千年に一度の割合で大地震を起こることが分かっていた活断層で起きた地震でした。
 この展示を通して、熊本地震でどんなことが起きたのか記憶にとどめ、また活断層や関連する地震の研究がどのように進んでいるのかを知り、今後、活断層でおこる地震に備え、災害に強い社会を築くための一助となることを願っています。

5月10日は地質の日

開催概要

会期2017年4月4日(火)~6月4日(日)
時間9時30分~16時30分
会場地質標本館 1階ホール
主催地質調査総合センター
協力機関熊本大学減災型社会システム実践研究教育センター、阿蘇火山博物館、熊本県博物館ネットワークセンター、熊本博物館、御船町恐竜博物館、国立科学博物館

関連イベント

日時2017年4月22日(土)13時30分~14時30分
タイトル 科学技術週間特別講演会 
熊本地震断層を掘ってみました ―活断層研究から見た日奈久断層帯の「履歴書」―
会場地質標本館 1階 映像室(定員60名 当日先着順)
講演者宮下由香里(活断層・火山研究部門)
講演内容 日奈久断層帯は、2016年熊本地震を引き起こした活断層の一つです。この講演会では、産総研が取り組んできた、日奈久断層帯に関する最新の活断層研究の成果についてやさしく解説します。

関連リンク

このページの先頭へ