特別展示

地質標本館 新春特別展 ふるさとの新たな主役「県の石」

地質標本館 新春特別展  ふるさとの新たな主役「県の石」

2017年1月17日(火)~2月26日(日)

 「県の石」をご存知でしょうか?日本地質学会は、2016年5月に、全国47都道府県についてその県に特徴的に産出する、あるいは発見された岩石・鉱物・化石をそれぞれの「県の石」として選定し発表しました。
 地質標本館には、地質調査総合センターが調査・研究してきた様々な地質試料が登録標本として収蔵されています。それらの登録標本には、この「県の石」、特に「県の岩石」・「県の鉱物」が多数含まれています。
 2016年7月には、地質標本館にて臨時展示「県の石」展を開催しましたが、今回の特別展のためにさらに展示標本を選定・追加して、より多くの標本を展示いたします。また、日本鉱物科学会選定の日本の石「国石」(2016年9月発表)のヒスイについてもご覧ください。
 この特別展を通して、皆さんのふるさとにはどんな岩石、鉱物、化石があるのか、全国47都道府県のそれぞれの地質の特徴を理解していただくとともに、ジオパーク活動等それぞれの地域での活動のための新たな主役に加え育てていただければ幸いです。


開催概要

会期2017年1月17日(火)~2月26日(日)
会場地質標本館 1階ホール
時間9時30分~16時30分
休館日毎週月曜日(休日の場合は翌平日)
後援一般社団法人 日本地質学会
このページの先頭へ