地質調査所月報 Vol.49 No.2/3 (1998)

表紙 | 目次 |

表紙

ピナツボ火山の火砕流堆積物の温度測定

ピナツボ火山の火砕流堆積物の温度測定

  フィリピンのピナツボ火山は、1991年6月に大規模な火砕流を噴出し、大きな災害をもたらした。その後も火砕流堆積物からの二次爆発と泥流が頻発し、大きな被害が続いて発生した。地質調査所はITIT研究の一環として、フィリピン火山地震研究所と協力して、二次爆発のメカニズムを解明するために、火砕流堆積物内の温度を測定した。それまでの温度測定は深さ1m程度までしか行われていなかったが、今回は、鉄パイプを最大10m深まで打ちこむことにより、内部温度構造を明らかにすることができた。写真は、ピナツボ火山北斜面での作業の様子。

(写真撮影 : 須藤茂 1995年1月)

目次

特集:地質災害図編さんの試み

タイトル著者PDF
Rockslide-debris Avalanche of May 18, 1980, Mount St. Helens Volcano, Washington Harry GLICKEN (55-106) 49-0203_01.pdf (16,653KB)
Eastern Asia Natural Hazards Mapping Project Hirokazu KATO (107-123) 49-0203_02.pdf (2,113KB)
資料・解説
Environmental geological mapping and some problems in Korea Gyo-Cheol JEONG and Won-Young KIM (125-126) 49-0203_03.pdf (352KB)
A review of catalogues of Chinese Earthquakes Zhi-xian YANG (127-130) 49-0203_04.pdf (502KB)
Landslide database of Indonesia Yousana O. P. SIAGIAN (131-134) 49-0203_05.pdf (407KB)
Geological hazards maps of Indonesia Irwan BAHAR (135-142) 49-0203_06.pdf (1,427KB)