国際連携活動 トップへ

東・東南アジア地球科学計画調整委員会 (CCOP) について

 東・東南アジア地球科学計画調整委員会(CCOP)は、東・東南アジア地域における経済発展と生活レベルの向上を目的として、地球科学分野のプロジェクト、ワークショップ等の推進、調整を行う政府間機関です。この目的を達成するため、持続可能な資源開発、地質情報の整備、地質災害の軽減、環境保護における人材育成、技術移転、情報交換、組織間の連携を推進しています。

 CCOPは1966年、国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)の下に設立されました。当初は海洋地域での共同探査に重点を置き、そのための計画、研究や調査の立案、実行の調整を行う機関であり、その活動資金は主に国連開発計画(UNDP)から出ていました。

 国連から独立して政府機関となった1987年以降も、1991年までは組織面、資金面での援助は続いていました。その後は加盟国のほか、協力国、協力機関からの財政的、技術的支援を受けて、さまざまなプログラムを通じた地域内での協力強化をめざしています。本部はタイのバンコクにあり、現在の加盟国は14カ国(カンボジア、中国、インドネシア、日本、韓国、ラオス、マレーシア、ミャンマー、パプアニューギニア、フィリピン、シンガポール、タイ、東ティモール、ベトナム)です。14カ国の協力国のほか、ユネスコ、世界銀行など15機関が協力機関として資金面、技術面でCCOPを支援しています。

 日本は、その創立以来、各種プロジェクトに対する資金協力や専門家の派遣などを通じてCCOPに大きく貢献してきました。その間、日本は協力国としての立場も有していましたが、加盟国の経済発展やCCOPでの活動の進展を考慮し、2013年にその立場を離脱しました。日本の常駐代表は産業技術総合研究所地質調査総合センター表が務めています。

 CCOPは、2016年には設立50周年を迎え、年次総会が盛大に開催された他、これまでの活動をまとめたJubilee Book が出版されました。

CCOP

CCOP

CCOP Jubilee Book

CCOPのウェブサイトへ
CCOPパンフレット(日本語版)

CCOP の果たすべき役割

 CCOPは、東アジアおよび東南アジアにおける地球科学分野で最も優れた政府間機関として、地球科学の知識を応用し、加盟国における経済成長と環境の持続可能な管理および生活の質向上に大きく貢献することをめざしています。

具体的には、

  • アウトリーチ - 関連する地球科学情報を提供して、政策立案者、投資家、一般の人々に対する影響力を高める。また、CCOPの利害関係者たちと円滑に意思を疎通するためのスキルを養う。
  • 協力と連携 - CCOPが持っている地球科学情報や知識の質やリーチアプリケーション(reach application)、影響力を向上させるため、CCOP内外の連携を促進する。
  • 知識の蓄積と共有 - CCOP加盟国地域の地球科学情報と技能の管理、促進、共有、活用を図る。
  • データと情報 - データと情報の共有化を進め、国境を越えて地球科学データを統合する。

CCOP 国内支援委員会

 わが国からのCCOPへの技術的な協力は、産総研地質調査総合センター (GSJ) が中核機関を務めています。国内関係各機関の動向を集約して、日本国全体として対応することが望まれることから、2006年2月6日に関連機関からなる「CCOP 国内支援委員会」が組織され、年次総会で発表するカントリーレポートの執筆や情報共有などが行われました。また、2013年10月に仙台で開催された年次総会では、GSJが中心となり、委員会に参加する機関の協力を得て開催の準備・運営が行われました。現在、委員会の具体的な活動は少ないですが、今後のCCOPの活動において日本として広く協力が求められる機会には、活動が再開されることになります。

日本が主導する進行中のCCOPプロジェクト

 現在CCOPで進行中の,日本が提案・主導しているプロジェクトは以下の通りです。

  • 「地下水プロジェクト」
     地下水プロジェクトは,各国の地下水情報の整備や,地中熱利用の促進を目的としています。地下水プロジェクトレポートは、GSJ出版物として発行されています(CCOP-GSJ地下水プロジェクトレポート)。
  • 「地質情報総合共有プロジェクト(GSi)」
     2015年からスタートしたGSiプロジェクトは,各国で出版された地質情報を世界標準フォーマットでGISを用いてウェブ上で共有することを目的としています。2016年9月には第1回のワークショップがインドネシアで開催されました。
  • 「デルタにおける統合的地質アセスメントプロジェクト(DelSEA)」
     東アジアから東南アジアのデルタ地域における沖積層層序、シーケンス層序、近年の環境変化に対応した沿岸域の問題などを対象に、研究者間の情報交換、人材育成、共同研究を目的に2004年から実施されてきたプロジェクトです。フェーズ1,2,が終了し、2015年からフェーズ3がスタートしました。
  • 「シームレス地質図(CCOP-ASEAN Harmonized Geology)プロジェクト」
     このプロジェクトでは,ASEAN諸国での地質図のシームレス化を目指しています。2016年にもプロジェクト会議が開催され,これまでに得られた一次成果をWeb-GISで公開することになりました。
  • 「Stone Heritage Book プロジェクト」
     東・東南アジア各国の主な史跡に使用された岩石の地質学的意味・岩石特性・歴史的意義などをまとめた「Stone Heritage Book」の出版を目指したプロジェクトです。本は完成し,2016年3月のCCOP管理理事会で配布されました。
CCOPプロジェクト