夏の特別展

世界石紀行

展示期間:2011年7月20日(火)~2011年9月25日(日)

趣旨


fhoto.gif

自然の造形物である石。それは時に信仰の対象となり、時に動物の姿に例えられるなど様々な側面を我々に見せてくれます。写真家の須田郡司氏は、世界各地の巨石・奇石の写真を通して、自然やそこに根ざした文化を紹介する活動を続けています。 夏の特別展「世界石紀行」では、各国の様々な石の写真とともに、写真の石と同じ岩石の標本を展示・解説し、人と関る石の魅力やなりたちを紹介します。
関連イベント(地質標本館特別講演会)があります。

須田郡司氏プロフィール
suda.jpg

フォトグラファー・石の語りべ
1962年群馬生まれ。琉球大学法文学部史学科地理学専攻卒業。

地域に根差した人と関わる石をテーマに、撮影・取材をしながら作品を写真展・雑誌等に発表している。2003年から2006年まで日本石巡礼、2009年から2010年まで世界石巡礼を行う。2004年から石文化の魅力を伝えるため日本全国で「石の語りべ」(スライド&トーク)の活動を展開中。 著者:『VOICE OF STONE―聖なる石に出会う旅』(新紀元社、1999)、『日本の巨石―イワクラの世界』(星雲社、2008)、「日本石巡礼」(日本経済新聞出版社、2008)、「世界石巡礼」(日本経済新聞出版社、2011)

須田郡司オフィシャル・ウェブサイト
世界石巡礼公式サイト

関連イベント

地質標本館特別講演会 
「世界石紀行 -地球の記憶を訪ねる-」
「石の造形に見るジオ多様性」

7月23日(土) 14:00-15:30 産総研共用講堂大会議室
講師:須田郡司氏(写真家)、加藤碵一(産総研フェロー)

本講演会では世界各地で巨石・奇石の写真を撮影しておられる写真家の須田郡司氏と、産総研フェローの加藤碵一氏によって、地域文化に根付く石や、研究者が見た石の魅力をご紹介します。