地質標本館特別展示

「メタンハイドレート新しいエネルギー資源への取り組み」

趣旨

tuji.jpg講師:辻喜弘博士

石油天然ガス・金属鉱物資源機構メタンハイドレート研究プロジェクトチームチームリーダー

メタンガスを閉じ込めた氷状の物質「メタンハイドレート」は、日本の周辺海域に広く分布すると言われています。わが国の将来のエネルギー資源の一つとして期待されているメタンハイドレートについて、現在その量と分布の様式についてのより詳しい調査や、メタンガスを取り出すための研究が進められています。

概要

日時 2004年7月24日(土)11:00~12:00
場所 産総研共用講堂大会議室(地質標本館隣接)

当日は,大変な猛暑にもかかわらず,150名を超える方々のご来場をいただきました.
辻博士には,分かりやすい講演と、多くの質問に、明快で懇切なご解答を頂きました.

 

0724-1.jpg0724-2.jpg