シームレス地質図が「ベスト産業実用化賞」を受賞

 

SATテクノロジーショーケース2014において、シームレス地質情報研究グループの「20万分の1日本シームレス地質図の新サービスと活用事例」が、ベスト産業実用化賞を受賞しました。

 

 2014年1月24日につくば国際会議場で開催された「SATテクノロジーショーケース2014」(つくばサイエンス・アカデミー主催)において、「20万分の1日本シームレス地質図の新サービスと活用事例」(地質情報研究部門シームレス地質情報研究グループ)が、最も産業技術への応用が進んでいると認められるものに与えられる「ベスト産業実用化賞」を受賞しました。

 SATテクノロジーショーケースは、2008年よりつくばサイエンス・アカデミーが開催している、つくばの研究者が研究、成果、アイディア、技術を持ち寄り発展させることを目指した研究交流会です。20万分の1日本シームレス地質図(研究代表者:斎藤眞研究グループ長)を始めとした、地質調査総合センターによる地質情報の発信と利活用の取り組みの成果が認められたものです。

       

シームレス地質図床貼り展示の様子江崎玲於奈氏(SAT会長)からの賞品授与(右:シームレス地質情報研究グループ長 斎藤   眞 氏)
シームレス地質図床貼り展示の様子江崎玲於奈氏(SAT会長)からの賞品授与