地質調査所月報 Vol.50 No.1 (1999)

表紙 | 目次 |

表紙

東北日本の回転モデル

東北日本の回転モデル

  日本海の拡大に伴い、東北日本は21-18Maに反時計まわりに回転した。回転とともに島弧内に湾曲した横断断層 (いわゆる"鳥海-石巻構造線 : CITL"とほぼ一致) が生じ、その断層に沿って右横ずれ変位が起きたために島弧の北部が南部に比べてより大きく回転した。畑川構造線とその北方延長である鬼首-湯沢マイロナイト帯が仙台付近で一般走向が変化していること、および北上・阿武隈両山地とその沖合いに認められる正の磁気異常帯が仙台沖で右ずれに変位しているようにみえることも、このモデルで説明可能である。(本特集号の星・高橋論文を参照)

目次

特集:炭化水素鉱床と最近の研究成果(Part I)

タイトル著者PDF
炭化水素鉱床と最近の研究成果(Part I)の特集にあたって 編集:徳橋秀一・渡部芳夫・高橋雅紀・柳沢幸夫・渡辺真人・金子信行・坂田将 (1-1) 50-01_01.pdf (145KB)
Miocene counterclockwise rotation of Northeast Japan: a review and new model Hiroyuki HOSHI and Masaki TAKAHASHI (3-16) 50-01_02.pdf (1,671KB)
秋田-山形油田地帯の後期中新世-鮮新世火山岩の火山活動と貯留岩の形 土谷信之 (17-25) 50-01_03.pdf (1,165KB)
新潟堆積盆西山油帯郷本川沿いの新第三系夕一ビダイト・サクセッションの堆積学的・数理学的解析 徳橋秀一・石原与四郎・宮田雄一郎 (27-48) 50-01_04.pdf (11,271KB)
金沢市南部地域に分布する中新統の珪藻化石層序 柳沢幸夫 (49-65) 50-01_05.pdf (2,699KB)
富山・石川県境の医王山地域に分布する中新統の珪藻化石層序と対比 柳沢幸夫 (67-81) 50-01_06.pdf (2,237KB)