地質調査所月報 Vol.49 No.12 (1998)

表紙 | 目次 |

表紙

北見のローソク岩

北見のローソク岩

  北海道中央部には東北東方向の上支湧別構造帯に沿って、中新世末期の石英閃緑岩類が貫入し、北海道の構造・火成活動史に重要な意味を持っている (論文p.605-620参照)。これと同方向の断層帯はその北東方向約30kmにもあって、ここではより浅成の固結組織を示す岩石が貫入している。これは古くは石英粗面岩 (竹内、1942、1/10万、鴻之舞図幅) と呼ばれたがむしろ石英斑岩ないし花崗斑岩と呼べる貫入岩である。その細粒の石基組織のために、浸食から残り、巨大な岩壁やローソク岩と呼ばれる独峯を形成する。場所は立牛川上流、北見富士 (1306m) の北東方5km、北見富士登山口に近い。その北東方向には鴻之舞金鉱脈群が分布することから、鉱化作用との関連性も推察しうる。1/5万地形図 「立牛」

(写真撮影 : 石原舜三 1994年7月2日)

目次

タイトル著者PDF
The timing and geneses of ilmenite-series and magnetite-series granitic magmatism in the north-central Hokkaido, Japan Shunso ISHIHARA, Yukihiro MATSUHISA, Ryoji TANAKA, Hiroki IHARA, Akinori NAGASAKA, Toru KOIKE and Ken SHIBATA (605-620) 49-12_01.pdf (2,126KB)
On some species of Sharpeiceras (Ammonoidea) from the Cretaceous of Hokkaido, North Japan(Studies of the Cretaceous ammonites from Hokkaido and Sakhalin-LXXXIV) Tatsuro MATSUMOTO and Seiichi TOSHIMITSU (621-631) 49-12_02.pdf (9,136KB)
資料・解説
A note on newly found ore fields in Govi-Altai area, southern Mongolia Tsagaanbilegiin TSEDEN , Satoshi MURAO, Abirmediin BAATARHUYAG, Dambiin ALTANTSETSEG and Chagnaadorjiin OYUNCHIMEG (633-638) 49-12_03.pdf (868KB)
土壌・風化帯の形成と水質変化 関陽児 (639-667) 49-12_04.pdf (4,426KB)
第255回地質調査所研究発表会講演要旨
特集:最新地質図発表会
5万分の1地質図幅「玉庭」 柳沢幸夫・山元孝広 (669-677) 49-12_05.pdf (1,305KB)
5万分の1地質図幅「横須賀」 江藤哲人・矢崎清貫・ト部厚志・磯部一洋 (669-677)
5万分の1地質図幅「熊川 中江訓・吉岡敏和 (669-677)
5万分の1地質図幅「京都東北部」 木村克己・吉岡敏和・井本伸広・田中里志・武蔵野実・高橋裕平 (669-677)
5万分の1地質図幅「大阪東南部」 宮地良典・田結庄良昭・吉川敏之・寒川旭 (669-677)
5万分の1地質図幅「石見大田及び大浦」 鹿野和彦・松浦浩久・沢田順弘・竹内圭史 (669-677)
5万分の1地質図幅「小倉」 中江訓・尾崎正紀・太田正道・籔本美孝・松浦浩久・富田宰臣 (669-677)
5万分の1地質図幅「熊田」 奥村公男・酒井彰・高橋正樹・宮崎一博・星住英夫 (669-677)
20万分の1地質図幅「長野」 中野俊・竹内圭史・加藤碵一・酒井彰・濱崎聡志・広島俊男・駒澤正夫 (669-677)
20万分の1地質図幅「和歌山」 栗本史雄・牧本博・吉田史郎・高橋裕平 (669-677)
50万分の1活構造図「東京」(第2版) 杉山雄一・佐竹健治・駒澤正夫・須貝俊彦・井村隆介・水野清秀・遠藤秀典・下川浩一・山崎晴雄東京都立大学・石田瑞穂・広島俊男・長谷川功・村田泰章 (669-677)
兵庫県南部地震に伴う地震断層ストリップマップ-野島・小倉・灘川地震断層- 粟田泰夫・水野清秀 (669-677)
伊豆大島火山地質図 川辺禎久 (669-677)
50万分の1鉱物資源図「東北」 須藤定久 (669-677)
札幌地域重力図 駒澤正夫・広島俊男・村田泰章・牧野雅彦・森尻理恵 (669-677)
鹿児島県奄美諸島水理地質図 野間泰二・後藤隼次 (669-677)
海洋地質図豊後水道南方海底地質図 岡村行信 (669-677)
特殊地質図東海沖海底音響画像図 倉本真一・岸本清行・中尾征三・徳山英一・山本富士夫・平朝彦 (669-677)