地質調査所月報 Vol.40 No.10 (1989)

目次

タイトル著者 PDF
島弧における帯状構造の屈曲とプレートの斜め沈み込み第1部-西南日本外帯沖の屈曲構造とプレート 杉山雄一 (533-541) 40-10_01.pdf (1,016KB)
島弧における帯状構造の屈曲とプレートの斜め沈み込み第2部-西南日本外帯の屈曲構造とプレート間境界地震-相対運動の変遷- 杉山雄一 (543-564) 40-10_02.pdf (3,143KB)
K-Ar dating by peak comparison Method-New technique applicable to rocks younger than 0.5 Ma- Akikazu MATSUMOTO, Kozo UTO and Ken SHIBATA (565-579) 40-10_03.pdf (1,704KB)
第195回地質調査所研究発表会講演要旨
特集:日本海の地質
山陰西部沖の地質 棚橋学 (581-587) 40-10_04.pdf (892KB)
能登半島周辺海域の海底地質 佐藤幹夫 (581-587)
北陸地域における上部新生界の生層序学的研究の現状 柳沢幸夫 (581-587)
山陰東部-富山沖日本海の表層堆積物と堆積作用 池原研・片山肇 (581-587)
青森-新潟沖海域の石油地質 奥田義久・二宮芳樹 (581-587)
東北日本後期新生代の partly inverted basin の構造様式 中村光一 (581-587)
日本海盆の収縮構造 倉本真一 (581-587)
奥尻海嶺における1800年以降の活発な地震活動 粟田泰夫 (581-587)
松島周辺の中新世堆積岩類の古地磁気-日本海の拡大様式についての考察 山崎俊嗣 (581-587)
深海曳航式音波探査システム-日本海での海域実験と今後の展望 西村清和・岸本清行・宮崎光旗・山本博文・佐藤幹夫 (581-587)
白嶺丸による日本海東縁調査計画 岡村行信 (581-587)