地質調査所月報 Vol.39 No.12 (1988)

目次

タイトル著者 PDF
奈良県吉野地域の中央構造線沿いに分布する諸岩石の同位体年代 柴田賢・杉山雄一・高木秀雄・内海茂 (759-781) 39-12_01.pdf (3,554KB)
関東平野北東部における第四紀後期テフラの主成分及び微量成分組成 金井豊・坂本亨・安藤厚 (783-797) 39-12_02.pdf (1,311KB)
第190回研究発表会講演要旨
特集:新生界研究の現状と問題点
活褶曲地帯における活断層-その形態と意義- 吉岡敏和 (799-806) 39-12_03.pdf (934KB)
東海層群の古地理変遷と伊勢湾周辺のネオテクトニクス 吉田史郎 (799-806)
関東山地北東部の新生代テクトニクス 竹内圭史・牧本博 (799-806)
会津若松南方の後期中新世バイアス型カルデラの発見とその意義 山元孝広 (799-806)
中央北海道,天北-雨竜地域における第三系の地質年代区分の変遷と問題点 秦光男 (799-806)
北陸・信越・会津地域の中新-更新統 角靖夫 (799-806)
南部フォッサマグナ西縁地域の層序及び地質構造について 下山浩一・杉山雄一 (799-806)
神戸層群からみた西南日本内帯における漸新統-下部中新統の問題点 尾崎正紀 (799-806)
中新世以降の広域不整合 柳沢幸夫 (799-806)