平成24年9月12日
産業技術総合研究所地質調査総合センター

 

5万分の1地質図幅・報告書等地球科学図の頒布価格設定の変更について


日頃より地質調査総合センター発行の地質図類等をご利用いただきありがとうございます。

  地質調査総合センターでは、旧工業技術院地質調査所より発行を続けております地質図類の有償頒布を継続しておりますが、このたびその頒布価格の設定方法を以下の通りに変更いたしましたので、お知らせいたします。なお、本変更は、本年 9月12日以降に新たに地質調査総合センターが発行する地質図類のみを対象といたしますので、発行済み・有料頒布中のものについての頒布価格には変更がございません。

【現在まで】
  産業技術総合研究所で定めております「地質情報等有料頒布要領」に基づいて、直接頒布します地質図類の頒布価格は、製造原価と直接頒布に係る諸経費の合計として設定しております。これまでは、製造原価には製図費と印刷費の合計を算入しておりました。

【本年 9月12日以降】
  今後は製造原価には印刷費のみを算入いたします。その結果、同等の規模の地質図類の頒布価格は、これまでに比較して50%以下の額になると見込まれます。

【経緯】
  地質調査総合センターでは、国の知的基盤整備の一環として整備公開を進めております、地質図類の2次利用を社会でこれまで以上に進めていただけるような方策を実施するところです。その一環として、図面や報告書等のディジタルデータ作成経費を圧縮し、結果的には頒布価格を低額化する努力を行い、今回の頒布価格の設定の変更を行う運びといたしました。

  今後とも、地質調査総合センターの出版・発信する地質図類を初めとする地質情報が、国の知的基盤として社会で皆様により効果的にご利用いただけるよう、引きつづき努力をするところです。