地質標本館春の特別展 「揺れる日本列島」

趣旨

yureru.jpg展示期間:2010年4月13日(火)~2010年7月11日(日)

これまで日本列島では繰り返し大地震が発生し、現在は巨大地震発生前の内陸地震の活動期にあたっているように思われます。今後の地震に備えるため、地震が起こる場所、過去のいつどこで起きたのか? 将来は? なぜ起こる? 揺れの強さは何で決まる? などの内容を、私たちが国内外で行った最近の調査・研究成果を織り交ぜながら紹介します。

 

 

展示協力:活断層・地震研究センター

関連イベント

日時 2010年4月18日(日曜日)14:00-15:00
場所 産総研共用講堂 2階中会議室
タイトル 「未知の巨大地震の証拠を求めて地球の果てまで」
講師 宍倉正展氏(文部科学省)
予約・参加費 入場無料・先着順(定員160名)