地質標本館夏の特別展

ジオパークへ行こう!

趣旨

展示期間:2009年7月22日(水)~2009年9月27日(日)

2008年12月、日本に7つのジオパークが誕生しました。ジオパークとは、 地球活動の遺産を主な見所とする自然の中の公園です。この特別展では、日本のジオパークの見どころを、地元スタッフ執筆による解説パネルと岩石・鉱物の展示によってご紹介します。また、茨城県の地形・地質の見どころを、あわせてご紹介します。この夏は地質標本館で下調べをして、ジオパークへ出かけてみませんか? ポスター画像

展示内容

ジオパークへようこそ ジオパークってどんなものでしょう? このコーナーではジオパークについて,また世界のジオパークにはどんな場所があるのかご紹介します.
日本のジオパーク 日本に新しく誕生した7つのジオパークを紹介します.展示パネルのほか,各ジオパークからお借りした岩石・鉱物・化石の標本を展示します.
茨城県のジオサイト 茨城県では,県北と県南で,将来のジオパークを目指した活動が始まっています.ここでは茨城大学のご協力のもと,茨城県内にある地質学的に興味深い場所(ジオサイト))を紹介します.

関連イベント

地質標本館特別講演会

7月25日(土) 10:30~11:30 産総研つくば中央・共用講堂大会議室
渡辺真人(産総研・地質情報研究部門)「地球はもっとおもしろい! -ジオパークへ行こう-」

展示協力:千葉県立中央博物館日本ジオパークネットワーク(JGN) 洞爺湖周辺地域エコミュージアム推進協議会様似町アポイ岳ジオパーク推進協議会糸魚川ジオパーク協議会南アルプス世界自然遺産登録推進協議会山陰海岸ジオパーク推進協議会島原半島ジオパーク推進連絡協議会室戸ジオパーク推進協議会茨城大学地質情報活用プロジェクト