日本ジオパーク記念式典

趣旨

20090220program-s.jpg

日本ジオパーク委員会の主催します日本ジオパーク記念式典は、2月20日(金)に東京大学小柴ホールにて開催されました。多くの皆様のご来場、どうもありがとうございました。

プログラムと広報ポスターは、右のサムネイルをクリックしてご覧いただけます。事前のご案内はこちら のページをご参照ください。

日本ジオパーク記念式典は、現在の日本におけるジオパークの関係機関が初めて一堂に会する機会となりました。

  • ジオパークを目指す地域が組織した日本ジオパーク連絡協議会
  • 日本のジオパークの質を審査する日本ジオパーク委員会
  • 日本のジオパークの仕組みを支える関係省庁
  • ジオパークを支援する関係学協会
  • 日本にジオパークを定着させる活動を最初に始めた特定非営利活動法人地質情報整備・活用機構

など、いずれも今日の日本のジオパーク活動に欠かせない機関です。

20090220raihin-s.jpg

 

来賓としては、旅行業界を代表する舩山龍二氏(社団法人日本ツーリズム産業団体連合会会長、JTB相談役)に、ご出席いただきました。また、地方自治体を代表して高橋はるみ北海道知事からメッセージか寄せられ、ユネスコ自然科学局からも日本のジオパーク活動に期待するメッセージが届けられました。このような多くのご理解やご支持があれば、今後、日本におけるジオパークの普及と発展に、一層弾みがつくものと期待されます。

20090220oike-s.jpg

 

日本ジオパーク委員会では、尾池委員長による基調講演を行いました。委員会として、ジオパークを通じて日本の各地域によせる期待と、世界に誇れるジオパークを一緒に創り上げていきたいという思いが伝わったのではないかと思います。

この日のもう一方の主役は日本ジオパークの各地域です。ロビーでは各地域から持ち込まれたポスターやパンフレット類が展示され、担当者に地域の特徴を説明していただきました。式典の後半には、10分間という短い持ち時間ではありましたが、7地域それぞれの現状や将来を講演していただきました。

20090220postersession.jpg

展示も講演も、地質に縁がある人なら誰もが、ぜひ一度は訪れてみたいと思わせる内容でした。展示ポスターの前では、プレス関係者による取材の花が咲くと共に、地域間の熱心な情報交換が進められていました。

更には、本式典の中で、日本ジオパークネットワークの設立が宣言されました。まだ誕生したばかりの日本ジオパークですが、今後ネットワーク化が進むにつれて、一回りも二回りも大きな存在になってゆくことを予感させてくれました。

20090220sengen.jpg

日本ジオパークネットワークの設立を宣言する
米田徹日本ジオパーク連絡協議会会長

今回の式典には、これからジオパークを目指す日本の各地からの出席者も、数多く見られました。既に今年のジオパーク募集に応募する意志を表示している地域もいくつかあります。来年には幾つの日本ジオパークが誕生しているか、今から楽しみです。

20090220ninteishou.jpg

認定証授与式の後、記念撮影に臨む日本ジオパークの代表者と尾池委員長

日本におけるジオパーク活動が、今後ますます発展してゆくことを強く期待させる式典でした。本式典にご出席いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました。