地質標本館特別展

つくばの自然再発見-フィールドへ行こう!-

趣旨

展示期間:2007年4月17日(火)~7月16日(月)

フィールドに出て、自らの目と手と感性で自然界のしくみを読み解いていくことは、地球を理解する上で欠かせません。フィールドワークは、地球科学の出発点であり、本質でもあります。
筑波山、霞ヶ浦、研究学園都市が立地する筑波台地といった、身近な自然を題材にして、それらの地形・地質がどのように作られてきたのかということをポスターを使って解説します。そして、来館者が自発的に自然観察に出かけられるよう、見学のポイントなどについても解説します。

概要

地質標本館普及講演会

日時 2007年4月21日(土)
場所 地質標本館映像室
時間 「つくばの地形環境」
講師 元筑波大学陸域環境研究センター池田宏氏
内容 筑波山はなぜ高い? なぜ広いすそ野が発達しているの?
筑波台地に研究学園都市が建設されたのはなぜ?
桜川低地が古代(1500年ほど前)から、関東で最も栄えたのはなぜ?
日本第2位の広い湖「霞ヶ浦」はなぜできた?
地形の成り立ちがわかると、山歩きや旅がますます楽しくなります。
pos_2007.jpg