地質標本館2007年度野外観察会

地形を見る目をつくばで磨こう

地質標本館主催学園都市の自然と親しむ会協賛

趣旨

地質標本館からマイクロバスに乗り、研究学園都市がつくられた筑波台地、小さな桜川が流れるにしては幅広い桜川低地、広いすそ野がある筑波山を見てまわり、午後は宝鏡山の山麓を、北条から小和田まで、じっくりと歩いて、この地域が古代から関東で最も栄えた理由を実感しましょう。
地形がわかるようになると、山歩きや旅がますます楽しくなります。(雨天の場合には、午後のコースを変更して、平沢官衙から霞ヶ浦まで、バスで現地見学をします。)

概要

日時 5月27日日曜日(雨天決行)
集合 午前8時
解散 午後6時予定
集合解散場所 地質標本館前駐車場
行き先 つくば市周辺(マイクロバスを使用)
案内 池田宏氏(元筑波大学陸域環境研究センター)
募集人員 約20名(申込多数の場合は抽選)
参加資格 小学生高学年以上(小学生は保護者同伴)
参加費 100円(傷害保険代)

申し込み方法:往復はがき 申し込みは締め切りました
申し込み宛先:〒305-8567 つくば市東1-1-1
地質標本館事務室宛
※往復はがきに必ず下記の事項を記入してください。
・参加者全員の名前と年齢(学年)
・代表者の住所
・代表者の電話番号
・代表者のE-mailアドレス(お持ちの場合)
・集合場所(地質標本館つくば駅のいずれかを選んでください)

締め切り:5月14日(月)必着
※昼食のお弁当は各自で用意して下さい。
※抽選結果は5月18日までに連絡いたします。

phot1-m.jpgphot2-m.jpg