地質標本館特別展

三宅島火山-その魅力と噴火の教訓-

趣旨

展示期間:2007年7月21日(土)~9月24日(月)

2000年6月に三宅島が噴火を始めてから7年余りが経過し、一般の人々の噴火に対する記憶も次第に薄れつつあります。
日本は火山大国で、毎年どこかで噴火が発生し、数年に1度は火山地域周辺に被害も与えます。私たちは、今回2000年噴火を振り返り、三宅島がどのような活動をし、どのような被害を及ぼしたか、島の人たちは今どのような生活を送っておられるのか、また、三宅島をはじめ多くの火山をもつ日本に暮らす意味に思いを巡らせ頂きたいと思っています。

概要

地質標本館特別講演会

日時 2007年7月21日(土)
場所 産総研共用講堂大会議室(地質標本館隣接)
時間 11:40~12:40
タイトル 「火山噴火に備えて-2000年三宅島噴火を体験して-」
講師 ネットワーク三宅島代表宮下加奈氏
内容 避難解除以降、人々の記憶から薄れつつある三宅島。2000年・1983年の2回の噴火被災体験をもとに、当時の島民の生活や思い、噴火の状況についてお話しします。あわせて、三宅島の概要、魅力についてもお話しします。

ネットワーク三宅島とは、2005年の全島避難解除をきっかけに、島民有志で結成。
大きく分けて活動は3つ。
1. 三宅島が忘れられないように、また貴重な噴火の体験を沢山の人たちに知ってもらうための対外的な活動。

2. 島内における復興事業等への提案。

3. 三宅島と島外の団体を結ぶ連絡役。

pos_miyake.jpg