第16回自分で作ろう!!化石レプリカ

体験学習第16回自分で作ろう!! 化石レプリカ「ビカリア 」

趣旨

本物の化石からとったゴム型に石膏を流し込んで、本物そっくりのレプリカ(模型)作製体験ができます。
今回は、新生代の巻き貝化石ビカリアを作ってみましょう。作業時間は10~15分、固まるまで地質標本館の見学をして30分後にはできあがり!
家に持ち帰って色を塗ると、あなただけの“化石コレクション”になります。

概要

日時 2006年3月25日(土)
受付 9時30分から15時(先着150名程度で受付終了)
場所 地質標本館
参加費 無料
予約 不要

 
約1500万年前の巻貝化石ビカリア
bikari.jpgビカリアの仲間は熱帯から亜熱帯気候の汽水域に生息する特徴的な巻貝で、
アジア地域の新生代第三紀始新世~中新世の地層から産出し、時代と環境の
両方を示す化石としてよく知られています。
ビカリアの仲間は、北海道でも産出しており、当時は暖かい気候が北の方まで
広がっていたと考えられています。
地質標本館所蔵標本 GSJ F16924