第10回震災対策技術展2006

趣旨

2006. 1.17~18
神戸国際展示場 (神戸ポートアイランド)
主催者HP 震災対策技術展:http://www.exhibitiontech.com/etec/


平成7年1月の阪神・淡路大震災の経験と教訓を踏まえながら、震災対策のより一層の充実を図るための、 震災対策関連の最新技術・製品・情報等を社会に広く提供しようと毎年行われているイベントです。
数年前より、当センターからも、震災対策技術展「学術・自治体・研究団体展示スペース」にブース出展してきましたが今年は、「第4回地質調査総合センターシンポジウム次の南海・東南海地震にどう備えるか」を行います。

展示ブースでは、当センターの研究成果の中からいくつかをピックアップしてポスター展示でご紹介致します。

・昨年,10月に刊行された,「全国主要活断層活動確率地図-今後30年間の活動確率を計算・表示-」の紹介。
・地下水総合観測網及び研究成果の紹介。
ブースでは、地質調査総合センターと地質図のパンフレット等をお配りさせていただく予定です。ご来場の際には、 ぜひ地質調査総合センターのブースにもお立ち寄りいただけますようおねがい致します。

パンフレット


kobe_01.jpg
kobe_02.jpg
kobe_03.jpg
kobe_04.jpg