2000-2001年作成の新作地質図

海洋地質図「響灘表層堆積図」

海洋地質図「響灘表層堆積図」

池原研

福岡沖の玄界灘と響灘には砂質堆積物が広く分布しています.これは,過去の海水準変動と現在の潮流や海流の影響によるものです.

泥質な堆積物は関門海峡出口の東側と対馬北東沖から北東に延びるものに限られ,その分布からして瀬戸内海起源のものと韓国起源のものと推定されます.

浅海域の粗粒な砂質堆積物は海底細骨材資源として利用されています.