1400万年前の岩屋化石動物群

サメの歯化石が雲根志(1779)に天狗瓜石として紹介され、ナナオニシキなどイタヤガイ科3種がYokoyama (1927)によって新種報告されてました。友の会は、1980年と1985年に七尾石灰質砂岩層の発掘調査を行いました。その実態を詳細に展示しました。

七尾市少年科学館&七尾野尻湖友の会


展示テーマ一覧へ