ぼくらをのせた大陸のかけら北陸地質情報展

title2001.jpg

詳細

日時 2001年 9月21日(金)-23日(日)
9:30〜17:00 (最終日は16:00まで)
場所 金沢市 MROホール
石川県金沢市本多町3-2-1
主催 産業技術総合研究所地質調査総合センター
日本地質学会

北陸地質情報展会場風景

産業技術総合研究所(地質調査総合センター)が、日本地質学会と共催で毎年行ってきた地域地質情報展を、今年は金沢市のMROホールで行いました。

地学というと、とかく一般の方々には縁遠くなりがちですが、我々が扱う地質情報は、その地域の方々に利用していただいてこそ有益なものになると考えています。たった3日間の短い間に、重要な情報をお伝えできるとはとうてい考えていませんが、地質情報を生活に活かすためのほんのきっかけにでもなればと、各地域の皆さんにメッセージを伝えてきました。

さて、今年の情報展、ご来場いただいた方の総数は3日間通しで950名弱でした。数字だけみればそれほど多くの方がいらっしゃったとはいえないのかもしれませんが、いらした方は皆さん長い時間を、会場の各ブースで過ごされ、中には3日間毎日会場に足を運ばれた方もいらしたほどです。幸か不幸か地質学会の会場とはだいぶ離れた場所での開催だったため、会場を訪れていただいた方の多くが、普段は地質学とは馴染みのない一般の方でした。

地域地質情報展も今年で5年目です。今後のあり方について、いろいろと考えなければならない時期がきているといえますが、地質情報を一般の方々の生活に取り込んでいただくための試みをこれからもさらに進める必要があることは明白です。


キャラクター

大地の奥深く眠る、古くは大陸の一部であった時代の石の記憶。その上に培われた人の文明を今も支える石と大地の恵み。

日本全国を網羅する最新の地球科学情報を絡め、北陸の地質をわかりやすく紹介させていただきました。

ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。