地質情報基盤センター

地質情報を誰もが必要なときに利用できるよう、わたしたちは地質情報を統合化し、利便性向上につとめています。

2015年04月01日更新

概要

  地質情報基盤センターは、産総研第3期中期計画期間(~平成26年度)までの地質調査情報センター(地質・衛星情報整備企画室、地質・衛星情報アーカイブ室、地質・衛星情報サービス室)及び地質標本館(企画運営グループ、地質試料管理グループ、地質試料調製グループ)で実施していた地質の調査業務に関連する研究推進部署を一つの独立したセンターとして再編し、平成27年4月1日に発足しました。

 本センターでは、地質情報の品質管理・保証機能を強化すると共に衛星情報と体系的に統合し、相互運用性の高い地質情報の集積とオープンデータ化を進めます。これら世界標準の高品質な地質情報の提供によって、地質情報の利活用拡大と社会受容性の向上を図ります。同時に、分かりやすく効果的な成果の発信を行うことで、知的基盤としての社会的な利用を促進します。さらに、GSJの連携イノベーションコーディネータのもとで、地質関連研究ユニットと連携・協力した地質標本館での研究成果の普及や、所外におけるアウトリーチ活動を推進していきます。