火山研究情報 トップへ
浅間山火山情報 トップへ
Back to the top page (English page)

2004年9月1日の噴出物  Ejecta

 北東山腹、黒豆河原付近にて採取された9月1日噴火で噴出した火山礫。大部分は緻密な安山岩質岩片からなるが、一部よく発泡したパン皮状火山弾が含まれる。
Lapilli ejected at the September 1st eruption. Collected on the NE flank ca 4km from the summit crater. Some bread-crust bombs are recognized.

 上図右上のパン皮状火山礫。
Bread-crust bomb.








9月1日噴火で放出された火山礫の顕微鏡写真。緻密な岩片部分。
斜長石、斜方輝石、単斜輝石、カンラン石などの斑晶が認められる。
Microscope image of the bread-crust bomb. (crust part)


発泡した軽石質の部分。
Inner pumiceous part

石基組織


左 : 緻密な岩片の石基部分。右 : 発泡した軽石質石基の部分。
いずれもマイクロライトが発達しているが、その量はさほど多くない。
Left: groundmass texture in crustal part. Right: pumiceous part