数値地質図 FR-2  燃料資源地質図「東部南海トラフ」
CD-ROM 収納データ表示例
[説明書から抜粋]
燃料資源地質図「東部南海トラフ」は,東海沖から熊野灘にかけた海域の燃料資源地質学的諸情報を 50万分の1の図面として本図(A1判)に,100万分の1の図面として付図(A1判)にまとめたものである。 主に経済産業省(旧通商産業省),旧工業技術院地質調査所、独立行政法人産業技術総合研究所, 石油公団,独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構,メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム(MH21) 及び独立行政法人海洋研究開発機構(旧海洋科学技術センター)で得られた燃料資源地質データを使用し, さらに地質調査総合センターから出版されている地質図,海洋地質図,重力異常,地磁気異常,熱流量の データや論文,学会発表で公開されたデータ及び未公表データを使用して本地域の燃料資源地質の概要が把握できるようにした.
[燃料資源地質図「東部南海トラフ」本図]
燃料資源地質図「東部南海トラフ」本図
[付図5]
[付図5]図
[付図7]
[付図7]